« 職場の忘年会 | Main | 有馬記念とサーキットの恐怖 »

2003.12.18

東大のバッティングマシーン?

昨日の職場の飲み会の影響で、本日は死屍累々。
もしここが戦場なら、うちのリーダーは『我が隊は敵の攻勢に会い、各小隊との通信途絶』くらい書かないといけません。
もっともそのリーダーからして『小職も隊長職の重責を担えない状況であり、やむなく指揮を副隊長に委ねる』っぽいかんじに、目が死んでいるのですが。

◆◇◆◇◆

今日はココログのアドレスをおたく仲間に公開。
大矩くん、コメントありがと!

ココログと言えば、「新着記事200件」機能が公開されたようですが、いつも『保存→日付をずらしてその日の日記を記入』な使い方をしている高浜にはあまり意味がありません。あれは日付をずらさないで記入する人だけに意味がある代物なんですよね。
(新着記事は『記事の時間』を拾ってくるサービスなので、日付をずらして記入すると拾われない)

ぼんやり眺めて面白そうな日記をつまみぐいしています。

同様に『ココログル』こと、ココログ内検索機能も、新着記事を利用しているので高浜には基本的に無縁だったりします。

没交流blog一直線な高浜が、果たしてココログを利用している意味はあるのでしょうか?
ちょっぴり微妙。

◆◇◆◇◆

ということで、今日は仕事をたっぷりお持ち帰りで24時前に帰宅。
たまには更新履歴に載ってみないと!

そんなわけで今日はblogらしく今日の出来事でもたまには書きましょう。

高浜の今日イチオシ記事は『バッティングロボット 東大で公開』
なんでも千分の1秒ごとにボールの位置を確認するので、ほぼ100%の確率でボールを打ち返せるそうです。

バッターの練習にはピッチングマシーンがありますが、あれはある程度のレベルを超えると練習にならないと大評判ですよね。
(結局、棒球しか投げられないので)

でもこのバッティングマシーンは、違います。。
なにせ野球漫画の『だめだ!どこへ投げても打たれる気がする!!!』というシーンがいつもお手軽にあなたのそばに!

・・・でもこんなマシン、実際には使えないだろうなぁ。

すくなくとも『緩急の差でバッターをだます』とか『配球の妙で強打者を討ち取る』とかが無縁になるようなマシン。
ピッチャーのプライドを無用にたたきのめすだけで、使えないと思いません?
(もちろんまだ、打ち返すといっても気持ちよくスタンドに運ばれるわけではないと思いますが)

東大もなんでこんな微妙に役に立たないものを開発したのかしら?
いっそ『ほぼ100%の確率で核ミサイルを打ち返すバッティングマシーン』でも開発してくれればよかったのに。

(実験した瞬間、開発者が死に絶えますって。)


そうそう。この先生。
本当は「センサーフュージョン」とか「ビジョンチップ」とかの研究をしてらして、その影響で『補球マシーン』とかも開発されているそうです。
先生のWebは・・・こんなところからリンクを張るのが怖いのでGoogleで『東京大学』『石川正俊』のキーワードでひっかけてください。

================================================
本日の読書
「捕虜収容所の死」マイケル・ギルバート

|

« 職場の忘年会 | Main | 有馬記念とサーキットの恐怖 »

Comments

コメントついた記事探すいい方法はいかに。
そのうちトラックバックして遊びましょう、ぜひに。

で、昨日のTVの各ニュースでは、SONYの走る人型ロボットが流れまくりましたが、見た?縄も跳べないと思うけど、跳ぶ、っていうのはすごいと思ったです。ボール投げるとか、パラパラ踊るとかはすごい、より、かわいい!と先に思いましたけど。走る姿もかわいいし!

Posted by: あすか | 2003.12.19 at 10:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3021/34578

Listed below are links to weblogs that reference 東大のバッティングマシーン?:

« 職場の忘年会 | Main | 有馬記念とサーキットの恐怖 »