« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.31

ばれてますよ!

プロジェクトのおたく、I澤さんは最近フィギュアにはまっている。

それは別に構わないというか、人のことをとやかく言える高浜ではないので、気にしたことはない。

が、しかし。

彼は無防備にも『サッカーサイトを作っていたことがある高浜さん』に、ブログについて質問してきた。


ははは。
ばかだなあ、I澤さん。

おおよそのジャンルに推測がついているのに、どこのブログを使っているか、ばらしたりするなんて。

ほらね。見つけましたよ。
しかも、同人サイトとリンクなんかしちゃって…ほんと、ばかなんだからw

さてさて。
ブクマに入れて、夏冬前には出くわさないように、ウォッチしに行かなきゃ!

◆◇◆◇◆

仕事がてんぱっている。
本当にやばい。
当然、仕事の裏で片付けるはずだった他の仕事はもっとてんぱっている。

このままでは来週は赤っ恥かきにわざわざ出張するようなものだ。

やばい…やばいよ高浜さん。

どうしてこんなときに限って、ハードディスクの中身がクラッシュするんだああああ!


ただいま復旧作業中。
たすけて、ドラえもん!

◆◇◆◇◆

帰宅しました。
というか、ダメになったパソコンの復旧は時がすぎゆくままに任せて、自宅で仕事をしたり遊んだり(←?)しております。23時半には帰宅したので、自分をほめてあげたい。
なにがって・・・それからまだ延々と仕事をしていたあたりを。

本当ならここで5月の新規読書記録を公開するところですが、ただいまamazonとの攻防戦の真っ最中のため、もうちょっとガマン。
ちなみに5月は、自分でもびっくりするくらいに本を読んでいないと思います。
うーん・・・・・マンガとあわせても、いいとこ50冊くらいじゃないのかなぁ?

◆◇◆◇◆

帰宅したところ、今月またもやあった、同僚の父親の葬儀の会葬御礼が届いていました。
ハンカチと砂糖と酒で・・・半返しどころか8割返しくらいじゃないかと。
やっぱり連名で一人2千円は少なすぎだよなあ、と思う高浜さん。

いや、それ以前に普通は3千円からじゃないの?
仕事の付き合いで会葬御礼を避けられないような間柄なら、顔を出さなくて3千円、顔を出したら5千円くらいは包まないとかえって損をさせてしまって失礼になりかねないと思うのですが。

そういえば同僚は、別の会葬御礼で砂糖と酒と聞いたときに『え?葬式には塩じゃないんですか??』と驚いていましたっけ。
いまどきは、『死者=穢れ』という認識も少なくなってきたので、友引の弔事をするくらいの人ならまず塩なんか配らないんじゃないかなと思います。

ちなみにその同僚。
砂糖と酒は通夜振る舞いの代わりだと教えたら、通夜振る舞いそのものを知りませんでした。
25過ぎても、そんな人もいるもんなんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

名に恥じぬ走りっぷりで。

日本ダービーを見て感動。

金曜日に後輩の女の子があまりにもディープインパクトディープインパクト叫ぶので、ついつい見てしまいましたが・・・強いですねえ。
あやうく『みどりのマキバオー』を読み返したくなったのは、高浜が根っからの本好きだからなのか、根っからのおたくだからなのか。
ちなみにマキバオーは文庫化されているので・・・きっとそのうち、買うでしょう。

ちなみに競馬マンガでは一時覚せい剤で話題になったあの方が原作を書いた『ありゃ馬こりゃ馬』も好きです。

しかしあれですね・・・馬の走りをチーターって、武豊のたとえにはびっくりですが・・・あの走りにはもっとびっくりですよ。
うっかり菊花賞もテレビの前で見てしまいそうです・・・こわいこわい。

◆◇◆◇◆

そんなこんなでダービーをテレビで見た後、おもむろにいつものフットケアサロンへ。

実はダービーを見るために、今日の予約時間をずらしてみたり。
いいんだ・・・なんとなく、見て得をした気分になったから・・・。

それにしても、足の裏がつるつるになる感覚というのは何度味わってもよいものです。
大量に商品を薦めてくるのがいただけませんが、マッサージと角質取りの腕はなかなかなんですよね。

むー・・・失業したんですよ・・・とか言えば、いろいろ薦めてこなくなるのかしら?

◆◇◆◇◆

ところで高浜、最近こっそりとamazonアソシエイトに参加しました。
普段はどこにもリンクは隠れていませんが、PCから本の紹介をするときだけ本にリンクをひくと思います。

たとえば今日みたいな日とか。

まあ、なんかお金が入ってくるとも思いませんけどね。
書影を使いたくなったときに便利ですよね。ちょっと楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.29

今週の高浜さん(BlogPet)

高浜が、新潟土産を会議しなかった?
火曜日
定時後からはじまる本社の会議に、新潟土産と大きい新潟土産の「安田の牛乳ラングドシャー」
..
と、高浜が考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.28

今週の高浜さん

火曜日。

定時後からはじまる本社の会議に、新潟土産の『安田の牛乳ラングドシャー』を持って行きました。
20時のトイレ休憩の際に出したら、部長が『これはなに?』と。

ぶ、ぶちょお?

ついでTマネージャーが、『わたしも知らないなあ。ら…らんぐど、じゃー?』と。

それじゃ、『猫の舌』になりません。マネージャー。

誰だったか、萩の月を知らない人もいたし…おやつに詳しくない男性は以外と多いようです。

まあ、うちの会社はほとんど出張しないからなあ…。

◆◇◆◇◆

うちの父は、貧乏くさいことが好きだ。

すぐダメになるものは安物を買うのが基本だし、残った料理で謎の煮物や謎の丼を作るのもあたりまえ。
『ものを大切にする』と言えば格好いいのかもしれないが、スーパーのチラシをチェックして嬉しそうに食材の安売セールに並ぶ60歳男性というのは、この年代では非常に珍しいのではないかと思う。

会社時代の同期会があった今日も、『営団地下鉄の一日乗車券を使って、三百円は得をした!』と、嬉しそうに語ったあと、さらに嬉しそうに『ついでにパンツも買ってきたよ!』と報告してくれました。


そう、父の唯一の贅沢品。
それは『シルクのトランクス』。
父に言わせると『いちどこれをはいたら、もう戻れない』そうですが…

唯一の贅沢品ですら、御徒町の三割引以外でしか買わない姿をみるにつけ、日頃の己の浪費具合いを反省する高浜なのでした。

◆◇◆◇◆

水曜は衝撃の給料日。

今年のベースアップがやっと反映されて、四月分も一緒に支給される…はずだったのに、入っていません。

世界クラブ選手権の振込みとヨーロッパクラブのジャパンツアーのためにただでさえ金がないというのに、この仕打ち。
あんまりだ…

はあ…ボーナスまで耐えられるかな。

◆◇◆◇◆

木曜は徹夜。
おわらねー…

仕事は忙しいし、風邪?が治らないので医者に血液検査をすすめられるし、これでこの給料かと思うとやってられまへん。

しかも徹夜の理由が、明日事業部の設立記念ぱーちーがあって働けないからというのがなあ…。

◆◇◆◇◆

金曜日。

ダイエットして胃が小さくなったというのに、
熱は相変わらず7度後半以上出てるのに、
徹夜明けなのに、

幹事としてニコニコ笑顔でお酒を注ぎまくって飲みまくって、正気な自分がおそろしい…


でも、そのあとで国立帰りの友達に会ったら、もう気が緩んで寝てしまいました。すまんねー。

◆◇◆◇◆

土曜日。

体重計に乗ったあと、悲鳴を…

ギャー!

病気だからと三食きちんと食べて薬を飲む生活は、ダイエット中だとてきめんにリバウンドしますな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.24

土日きっぷな旅

この週末は、新潟でのペルー戦のために買った、土日きっぷでぶらぶら旅をしてきました。

あー、つかれた。

◆◇◆◇◆

一日目
朝から友達が行きたいと言っていた資生堂美白セミナーにおつきあい。

美白セミナーに行くわりには、紫外線アレルギーの高浜より日焼けを気にしていないのが気になるところです。買うと4000円はするサンプルをもらったので、まあ満足。

セミナー後、新宿から埼京線で大宮、新しくなった大宮駅のecuteでお昼ご飯を買って長野新幹線で軽井沢。

が、ここでトラブル。
無料送迎バスで星野へ行って温泉他を楽しむはずだったのに、結婚式の参列客で送迎バスが満席。(あとで調べたら、大安でした)
仕方なく旧軽井沢をぶらぶらして、お土産用のジャムの試食やハムの試食にせいをだす。
バッグがお土産で膨れ上がった頃に夕飯の相談をしたら…なぜか、宇都宮で餃子を食べることに。
いくらフリー区間の新幹線自由席がタダだからって、やりすぎだよ…と思いつつ長野新幹線で大宮、そこで東北・山形新幹線に乗り換えて宇都宮。

やってきたのは、餃子のみんみん。わりと基本の店です。
私と友達の後ろのカップルで、店員さんが『最後尾札』ならぬ『最後尾うちわ』を持ったので、おたくの血が騒ぐ。

『ぎょうざのみんみん、最後尾はこちらでーす』
じゃなくて、
『すみませーん。本日の販売はここまででーす』
みたいな?


すみませんすみません。
美味しかったです。
とってもv

帰宅後、K木の家に行ってお土産を渡してお土産をもらって今日は終了。

◆◇◆◇◆

二日目
朝から上越新幹線で新潟。
スタジアムで日本vsペルーをみて、相変わらずの希望の持てなさ具合いにがっくり。
はあ、ジーコがうっかり病気になって3ヶ月くらい入院しないかしら。

スタジアムを出てふらふらと新潟をさ迷って適当そうなお店に。
魚は美味しかったのは当然なんですが、びっくりしたのは『栃尾の油揚げ』。たっぷり九条ネギとこんがりした焼き具合いがたまりません。
あ〜、こんなに美味しい油揚げがあったなんて…し・あ・わ・せv
同じお店で今日の試合にきたらしき外国プレスの人達をみたりしたので、まあそこそこ普通の店だったのかも。

お土産を買って帰宅。
今日の試合は尾崎紀世彦の国歌に千円。

ねむ〜。

◆◇◆◇◆

月曜は夜になり我慢できずマンガ喫茶へ。
やはりこれは、昨日の試合のストレス…かな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.22

おやつ

ただいま、帰りの新幹線の中です。
帰りのおやつは、安田の苺生シュークリームとヤスダヨーグルト。

ちなみに夕飯は炉ばた海鮮で、黒ソイとか食べました。
しかし一番気に入ったのは、栃尾の油揚げ(焼き)。いままで食べた油揚げの中では一番美味しかったかも。

それにしても、つまらない試合でした。20050522200750.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非国民の定義

今日は二階アウェイゴール裏の一列目でした。
指定の一番安い席はゴール裏になることがほとんどですが、一列目なのはラッキー。

ところで、試合前にゴール裏ではでかい日の丸がでました。
高浜は『邪魔』なのでビッグフラッグが嫌いなのですが、一列目だと試合中に足元にくしゃくしゃになったビッグフラッグがおかれることになります。

そんなわけで足元のビッグフラッグをもてあましていたら、おにいちゃんが『すみません。邪魔なんですが、置かせてください。踏んでもいいので』と一列目に言いにきました。

友達と二人で『よしわかった。踏んでやろう。とりあえず荷物置きだな』と言っていたら、隣の見知らぬ鹿サポカップルが『踏むなんて非国民だ』『ほんとにねー』と、聞こえよがしに言いました。
もちろんそんな言動は無視して荷物を置いた高浜とその友達。

が、二人揃って両国国歌独唱のときに帽子を脱がず、試合中には足を組んで足裏を旗においていました。
高浜とその連れは、荷物は最初から置きましたが、旗に足は置きませんでした。

さてはて。
彼らは鹿王国の住人であって日本国民ではないのか、それとも不思議な非国民の定義を持っているのか。
気になるところです。


しかし、つまらない試合だわ。20050522134824.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟

新潟スタジアムにやってきました。
あいかわらずまわりになにもないところです。20050522130942.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.21

てっちゃん

なぜかいま、宇都宮にいます。
土日きっぷは新幹線自由席乗り放題なので、餃子を食べにきました。

新幹線に乗りまくるだなんて、まるで鉄道おたくのようです。20050521194954.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽井沢銀座

温泉に行きそびれたので、ぶらぶらショッピング。
ソーセージうま〜20050521160558.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽井沢

と、いうことで、軽井沢。
特に目的もないと、だらだらしますなあ。20050521144530.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るーべんす。(BlogPet)

きのうは仕事する?
ここまでひまへぼんやりしなかった?


仕事が忙しくて、ぼんやり気味の高浜です。
こんばんは。
ぱとらっしゅ、しろもぉつか..


*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

るーべんす。

仕事が忙しくて、ぼんやり気味の高浜です。こんばんは。

ぱとらっしゅ、ぼくもぉつかれたよ。

◆◇◆◇◆

風邪はまだ治りません。
気管支弱いからしょうがないのですけれどもね。

そんな生活の中、先日献血した結果が返ってきました。

相変わらず『健康そのもの!』みたいな数字ですが、やっぱりこれだけダイエットしていると脂肪関係の数値が減っているもんですねえ。
相変わらず男性並の血球計数結果なので、なによりなにより。貧血とはまったく無縁の血液状態。
ダイエットして体調を崩すのが一番こわいとはいえ、ここまで健康的だとちょっとこわいような。

このまま健康でいられますように。

◆◇◆◇◆

ところで最近、こんな辺境の地でひっそりやっている日記ブログにもトラックバックスパムっぽいものがやってくるようになりました。
オートでトラックバックを送りまくるツールとかもあるようですし、仕方がないのかもしれません。

と、いうことで。
個人的に見て『これはトラックバックスパムだな』と思ったものは削除します。
申し訳ないのですが、ご了承ください。

◆◇◆◇◆

母親との会話。

『あのレッサーパンダ、かわいいわよねえ』
『かわいいかわいい。動物としてかわいいというのとはちょっと違うけど、かわいいよねえ』
『だからね、明日、うちのK志と見に行こうと思うの』
『・・・そりゃ、やめたがいいと思うけど』
『どうして?
 まだ動物にふれさせるのは危ないの?』
『なんで千葉県に住んでいるのに、わざわざ土曜日に行く必要があるわけ?』
『・・・・・ああ!!!
 明日って、土曜日なのね!』

ものすごーく敗北感を与えられたのは、なんでですかね。

私も、毎日が日曜日の生活を送りたいなあ。

◆◇◆◇◆

私信。

談志一門会のチケット、ちゃんとS席でとれたよー。
席がどのあたりかわからないけど、楽しみ。
普通の演芸場とかには来月かな。>Y

肺炎、おつかれ。元気になるといいな>K

明日、襲撃するからよろしゅう。>K木

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.19

何キロ走っているんだか

隣のプロジェクトのK藤さんが憎い。

風邪で二日休んだあとに、激しい咳をしながらマスクもせずに出勤してくる、あの無神経さが憎い。

なにが『俺って病弱だから』だ!
お前がまわりを病弱にさせてるんだ、アホ!!


ふふふ…おかげで高浜のプロジェクトは三人、倒れましたよ。

損害賠償請求をしてさしあげたい。

◆◇◆◇◆

そんなわけで、被害者その3になった高浜です。こんばんは。

火曜には気管支からのコールサインが聞こえてきたので、仕方なく病院へ行ってきました。
先生も慣れたもので『あ〜、高浜さん。また気管支までいったの?高浜さんのはほんと、役にたたない扁桃腺だよね』とかそんなかんじ。

別に、K藤さんがおたくでも、デブでも、キャバクラやヘルスが好きでも、私は構いません。
ただ彼が『おれ、料理も自分でするし、貯金も普通にしてるし、けっこうオモシロキャラだと思うんだよ。なのに、なんでちっとももてないのかなあ』と言うたびに、『デリカシーがないからだよ』とツッコミたくて仕方がないだけです。


しかし…風邪で咳がでるときにマスクをしたがらない人はなんであんなに多いんでしょうか?
すごく迷惑なんですよね、本当に。

◆◇◆◇◆

そんな火曜日。

午後出勤した高浜が本社から帰宅していた22時半頃。

某所で片側2車線の道路の真ん中を逆走している人影をみました。
一瞬我が目を疑いましたが、間違いなく逆走しています。

左右にふらふらしてなくて…足元がジョギングシューズではない…部屋着っぽい服を着て…道路を逆走している老人…

いかん。
ありゃたぶん、酔っ払いのマラソンランナーごっこじゃなくてボケ老人の徘徊だよ。
このまま放置して『老人、車にはねられ死亡』の記事を目にするのは、さすがに…なあ…

そう考えた高浜は、仕方なくいつでも逃げ出せるように身構えながら、声をかけました。

『すみませーん』
『…わたしですか?』
『はい。あのー、実はいま走っていらっしゃる道路。片側2車線なんですけど、ご存知ですか?』
『2車線?』
『はい。ですからもしこのまま走られるなら危ないので、歩道に移られた方がよいと思うんですけどー』
『はあ…ところでここ、どこでしょうか?』

きた。
きたよ。ビンゴですよ、高浜さん。
うちの故ばーちゃんと表情がそっくりだから、そうだとは思いましたけど…ボケ老人万歳(T_T)

それからしばらく説得を試みたものの、自宅もわからない電話もわからない、でも気にしないでくれというじーちゃんを説得しきれずじまい。

ボケ…いや、認知症の老人の力は加減をしらないためにものすごいことがよくあるので、いちおう女の部類に入る高浜では力づくでは引き止められません。

そのまま道路の真ん中を『もう少し走っていればうちにつきますから』(ここがどこか教えても知らなかったのに…)と去っていくじーちゃんの姿に、覚悟を決めて仕方なく110番。

『事件ですか!事故ですか?』
そう問い掛ける歯切れのよいオペレーターのおにいちゃんに『いやあの…事件でも事故でもないんですが』と歯切れの悪い返事の高浜さん。

どうやら家族から通報があった人だったらしく、折り返し電話で現場を聞かれたので、生まれて初めての110体験はかけてよかったようです。

それにしても。
最近夜中に妙な人によく会うなあ…。


そろそろ、竹薮から金でも出てきそうな確率だと思うんですが、どうでしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.16

女性向けなちと真面目なはなし?

土曜日。
温泉とかサバトとか出張とかいろいろ考えて、生理周期をずらすべく低用量ピルを買いに行ってきました。
個人的には輸入代行しても良かったんですが、ちょっと時間がなくて仕方なく病院へ。もちろん事前にネットで調べて『内診なし、値段もわりと安い』ところを予約しておきましたとも。会社のお金で健康診断どころか婦人科検診だって無料なのに、自腹で内診なんか受けるわけがありません。

結局マーベロンを2ヶ月分もらってきましたが・・・最近は同じオルガノン社でもマーシロンの方が人気なんですよね。エストロゲンがちょい低いので。フランスのメリアンなどもそうですが、最新の低容量(ホルモンが少ない)ピルが日本じゃまだ正規には買えないのが残念。マーベロンも最近発売されたばかりなんですけど、これがなきゃ病院にいかなかったかも。
いちおう『生理周期をずらすには中容量ピル』ということになっているようですが、海外のサイト(というか海外のサイトに出ていた薬の注意書き)を見る限りでは低容量でも早めに飲み始めればずれるようだし、失敗したらまあ仕方がないかなということで。

さきに検索してわかってはいたのですけど、尿検査と血液検査と2ヶ月分で7000円ちょいって、それにしてもどうなんでしょうね。最近中絶率をすごい勢いで上げている若い人にはちょっと手が出ないような気が。
(ちなみにマーベロンを6ヶ月分輸入代行すると一ヶ月800円以下ですが、病院で正規に買うなら2000円くらいが下限のようです)
以前韓国で買ってきてもらった別の薬は1箱500円だったので、それこそ月経困難症(あまりにも重い生理のために、普通の生活ができなくなるくらいの人がいる。そもそも生理休暇はそんな人のためのもの)の人がものすごく気軽に買える値段なんですよ。
日本でもせめて千円以下になればいいのに。
(※薬の価格は、同じ会社が出しているまったく同じ正規品でも『国ごとに』値段が違います。いろいろフクザツなようですが、要するにその国の物価指数が反映されていると思ってください)

実のところ日本の妊娠状況は先進国の中では情けない限りの話で、計画外妊娠がものすごく多いんですよね。
妊娠した女性について『子作りの結果、子供ができた』と『避妊を失敗して子供ができた』のが同じ%だなんて、呆れるよりほかないじゃないですか。
つまり、子供の半分はそもそもの原因については、望まれない子供だったわけです。うちの甥っ子もそうです。結婚だってできちゃった結婚だし。
もちろん中絶をしない決断をしたからには生むことは希望したわけだし、うちの甥っ子だって出来てからは大事にされていますし、今もめちゃくちゃかわいがられています。
でもそれって本当は違うと思います。

そもそも日本は月経や妊娠に対する知識がひろまらなさすぎ。
低容量ピルだってひろめたくないとしか思えない姿勢だし。低容量ピルがひろまらなくたって、若さってのは無謀の塊なんだからすることはするんですよ。というか中高生(や小学生)は安いゴムすら使わないのに、ピルを高くしたら使うわけないじゃないですか。阿呆らしい。

おかしいといえば、基礎体温を万能だと信じてる人が大勢いるあたりとかね。
もちろん基礎体温だって正しく測ればそれなりにちゃんとした避妊方法になるとは思いますが、その『きちんと測る』がどれだけ難しいことか!
『起きてから5分以内に(できれば覚醒直前)』と『動かないこと』は認識されていると思いますが、『毎日同じ時間、しかもAM6~8時の間』と『睡眠時間は最低でも4時間以上』までできる人間がどれだけいると思いますか?
すくなくとも高浜は無理。一応彼氏の有無にかかわらず測っていますが、仕事が忙しいかったりストレスがあるときはてんでダメですね。あと冬も春もだめ。風邪やアレルギー症状からすぐ微熱状態になるので。半覚醒状態で測っているので、上手く出るときはとても上手くでるのですが、ここ1年くらいは体温だけならサイクルがまったくわからない状態です。
そもそも欧米では基礎体温は避妊法として認識されていません。きちんと判断するのは難しすぎるので。

あとメジャーなあたりだと28日と言われている生理周期かな。
日本だと35~40日くらいの人もかなりの数いるので、統計的にはそれくらいでも普通といって全く問題ないんだとか。

なんだかね。ちょっとこういう状況は人として哀しいです。
ピルを使えとかじゃなくて、日本の医薬行政のせいで偏った知識が常識としてひろまって、その結果望まないタイミングで妊娠→出産される子供が大勢いたり、中絶したり悩んだりする人がいるのが、とても。

◆◇◆◇◆

昼過ぎに銀座でサッカー友達と会って、ピザ屋へ。
ダイエットはどうしたんだ・・・高浜。

そんな中で『午前中はピルを買いに行ってたけれど本当は韓国で買うのがいい』ということを話したら、『Y川さん(女性)がしょっちゅう韓国に行くよ。仕事で』と言われました。

しまった!
そういえばそんな話を先日聞いたばかりのような・・・。

でもY川さんと私はピル買ってきてと頼むほど親しくない、と思うんだよなぁ・・・と悩んでみたり。
Y川さんが人に頼まれて外国でピルを買うことに抵抗感がある女性かもわからないのに、そんなことはとてもとても・・・。そもそも韓国ではピルに対して日本のような偏見(ピル=避妊=身持ちがよくない)があるのかも知らないしなあ。
こう見えても高浜、意外と小心者で礼儀正しいので。

ああでも、マーベロンを買ってきてもらって(日本で認可されている薬でもいいなら、いざというときのためにそれを買ったほうが良い)、年に1度くらい婦人科検診を受けるだけなら、ものすごい安くあがるのに。というか会社が婦人科検診代は立て替えてくれるので、薬代だけですよ。高浜の場合。
経費が高いという人によく『それで安全を買っているのに、身体が大事じゃないのか』とか反論する人がいますが、病院で処方するのと同じ中身のものを安く買えるなら、それにこしたことはないと思います。国ごとに同じ中身の値段が違うのは人件費を含めたもろもろのコストの関係である程度仕方がないことですが、だったら安く調達できる国で買ってもいいと個人的には思うので。
もちろん、検診は節約するところではないですよ。それはちゃんと受けた方がよいに決まってます。
(でも会社の金で受けたがる高浜・・・)

◆◇◆◇◆

来週の軽井沢&新潟旅行のチケを手配した後、気が向いたので献血ルームへ。

白血球の数が多いことを指摘されて、『物心ついたときからずっとそうです。父親もそうなんです』と言ったら、納得されました。
まあ確かに多いんですよね。9千~1万1千くらいの間です。スギ花粉をはじめとしてアレルギーを結構持っているのでそのせいじゃないかと思っているのですが、毎度毎度言われるのはちと面倒くさいです。

有楽町の献血ルームはとても綺麗で、ハーゲンダッツのアイスとかもあって、幸せでした。(高浜さん、ダイエットは?)
やはりこれも毎度のことですが、大変なスピードで献血が終わる(血の出が大変よくて、しょっちゅう驚かれる)のために、看護士さんに『ぜひまた来てください!』と、熱い目でみつめられてしまいました。

かわいいお姉ちゃんだったことをここに付記したいと思います。

◆◇◆◇◆

献血の恥ずかしい話。

去年の春シティで暇つぶしに献血した高浜さん。
今年の連休前に一枚のはがきがきました。

内容は『献血のお願い』。
会場は『コミックショー』。

高浜やそれを見せた友達みんなが笑い出した、大変すてきなハガキです。

もちろん、当日献血をしに出かけたのですが、たまたまお昼休みだったので献血できなかったんですよね。
その後悔が残って、今日献血しちゃったんだろうなあ。
そうそう、高浜はそろそろ献血は20回目という、献血ヘビーユーザーですよ。針がささる瞬間をまじまじと見つめてしまうくらい、血を抜かれることに抵抗がありません。

個人的な理由としては、ピルを飲む場合は医者だけを信用せずに定期的(半年に一度程度)は400mlか成分献血をして、自分でも血液学的検査(赤血球、白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板)や血液生化学検査(GOT、GPT、コレステロール、中性脂肪、etc)の数値に変化がないかを確認したいというのもあるのですが。


ちなみに帰宅後。
高浜の母親が『あなたどうして献血なんか好きなの?おかしいし、あぶないじゃない、針とか』と非常識なことを言ってくれたので、『針は使い捨てなので危なくない。そんな非常識なことを言わない。それと、お母さんは自分や家族が大怪我をしたときに輸血に頼る気はないのね。そんな質問するってことは』と返したら大変気分を悪くしてくれました。

気分が悪くなったのはこっちだっつーの。
K木の知人のRhマイナスAB型の人が言った『珍しい血液型に生まれたからには、献血は義務だと思う』という言葉をきかせてあげたいですよ。

◆◇◆◇◆

日曜日は引きこもって勉強したりいろいろ。
もっと正確にいうなら、土曜の夜からひきこもりでした。

全然勉強その2がすすみません。
というか、午後からすごい気持ち悪くなったのですが、もしや風邪?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.14

まだメールはきていません

予想通りに追い詰められている高浜です。こんばんは。

とりあえず『新部門発足記念パーティ』の手配は終わりました。オヤジどもがやれ赤坂だ銀座だと騒ぐのをねじふせて会社の近くにするまでが一番つらかったです。

資格試験の勉強も一個クリア。こちらは当日までに忘れるに全額かけてもよさげ。

コンベンションの準備は結構熾烈。
『企画書』と『プレゼンテーション』の違いを理解していない人の指導まで作業に入ってきました。自分の資料作成はまだシナリオ作りも終わっていないというのに…なにやって…やらされているんでしょう。
つーか、それくらい本でも読め。いい大人なんだから。


そして一番大事なダイエット。
とんでもなく停滞しています。こちらも予想通りですよ…ちくしょお。

◆◇◆◇◆

同じプロジェクトの別システムのリーダーは、連休中に結婚して29日から15日までの長期休暇をいただいています。

金曜日、そちらのチームの作業場まで打ち合わせにでかけたら、彼の机の上に大量の食玩フィギュアが並んでいるのに気がつきました。

あれ…?
そんな趣味の人じゃなかったと思うんだけど…

そう思って近づいてみたら、食玩フィギュアはその手に『おめでとう!』『しあわせものめ』とか書いた付箋紙を張り付けられているじゃないですか。
つまりフィギュアの山は、彼のチームメンバーが連休明けに彼を迎える準備だったのです。

なんだかほのぼのとした気持ちになったのですが…ハイジやルパンに『おめでとう』と言われるのはともかく、エヴァンゲリオン初号機に『しあわせものめ』って言われるのはどうなんですかね。

呪われそうじゃないですか?

◆◇◆◇◆

終電近くに有楽町を歩いていたところ、『すみません』と、声をかけられました。

相手は女性で、指輪を見るかぎりでは未婚。推定年齢30〜35歳、顔・体型ともに中の下、銀座に普段からくるタイプの外見ではありません。

東京の方ですか?、と聞かれたので道に迷ったのかと思い『まあそんなものです』と答えました。
そして彼女の次の言葉を待ったんですが、いっこうに要領を得ません。

『あのー、私ー、今日は東京にきていてー、普段は地元にしかいないんですよー、あのー、それでー、ほんとこんなこと』

って、これでわかる方が不思議です。
しかし、彼女の頼みが『道を教えて欲しい』というような単純なことじゃないのは見当がつきました。
そう思いつつも話を聞いていると彼女が

『これじゃわかりませんよね』と。

アホか?

そう言いたいのを我慢して聞きました。

『終電がなくなったとかですか?』
しかし彼女は首をふりました。

『いえーあのー、自宅は湘南のほうなんですけど、まだ電車はあってー、そのー、ほんと人としてどうなんだろっていうか、なさけないというか、はずかしいっていうか、あのー財布はあるんですけどー』
『お金がない』
『はい、ほんとはずかしい話なんですけど、銀行に行きそびれて、信用貸っていうか』


24時近くに、見ず知らずの他人に金を貸せと要求されたのは、生まれてはじめてです。

そこでもう一度、彼女を観察しました。
なるほど、見ず知らずの男性の義侠心を簡単に煽れるような容姿ではありません。

そして高浜が思うに、彼女の言い分が本当だとするならば、普通はまず警察に相談するでしょう。さらにいうなら銀行のATMはいまどき24時間営業があたりまえ。クレジットカードのキャッシングも以下同文。
そもそも普通の方は『信用貸』なんて言葉は使わないで『かならずお返ししますから』と、自分の連絡先や社会的な帰属先をまず明かすでしょう。

つまりこれは、『プチ詐欺』か『ものすごくパニクっている頭の悪い人』と考えるべきではないかと思われます。


むー。
先日、家電量販店に行ったときも名刺を三枚ももらってしまったし、もしかすると今の高浜はちと金持ちに見えるのかも。

結局、詐欺なら詐欺で面白かったし、万が一本当だったらこの頭の悪さではとても金は借りれまいと思ったので、見物料として1000円貸しました。
捨てメールのアドレスは教えたのですが、スパムメールとかきますかね。

ちょっとわくわく。


…こんなんだから友達に、『おまえはいつか、好奇心がもとで死ぬ』って言われるんだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.13

できれば換金性の高いものが…(BlogPet)

きのうは高浜で移動するはずだったの。


*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.12

できれば換金性の高いものが…

火曜は定時後に本社に移動して会議。
これから来月の頭まで、最低でも週2ペースの定時後帰社がはじまります。

当然、平日のスポーツクラブ通いなんて無理になるわけでして、夏のボーナスまでの予定だったダイエットをどうするべきか悩み中。

止めるわけではなく、ラストスパートできなくても6月までで止めるか、7月の健康診断まで一ヶ月延長するか、という話なんですが。

どうしようかなあ…。
あと5キロはどうしても落としておきたいんですよね。困った困った。

◆◇◆◇◆

そんな中、調べものついでにぼんやりネットをうろついていたら、某超有名企業のサイトにミスを発見…したと思います。

SSLを使っているはずなのに飛び先アドレスが『http://』で、『https://』に変えたら同じ画面で認証が出てくるのは…バグだと思うんですよね。

顧客管理画面なので、カスタマーセンターに教えてあげたら商品券とかくれないかなあ。

昔の知人(正確には友達の知人)にここの営業の人がいたはずですが、いまでも友達経由で連絡とれるのかな?

どーよ、M美。

◆◇◆◇◆

水曜は寒い一日。

三月下旬並というので、フレンチスリーブのババシャツまで引っ張り出して着ていたところ、某服飾系専門学校の生徒が軽やかに半袖で歩いているのが目に留まりました。

さすが服飾系。
洋服にかける気合は半端じゃない。

そう、感心していたら、彼女が『さみー!今朝天気予報見なかったけど最高何度?』と、彼女の連れに話し掛けてくれました。

むだに感心しちゃったよ…もったいない。

◆◇◆◇◆

連載:本日のM浦さん。(第?回)

あらすじ
高浜が率いるプロジェクトの若手、M浦さんは仕事は真面目だが人生の計画性がちと足りない2X歳。
そんな彼女はGWに一人暮しを始めたのだが、貯金も底をつきかけ苦しい毎日を送っている。


高浜『M浦さん。これ、重くて悪いんだけど…』
M浦『わ!洗剤と…柔軟剤まで!いいんですか?』
高浜『うちの母がM浦さんの話を聞いたら、持っていきなさいって。気にしないで、どうせうちは友達の会社の社内販売でダース単位で買ってるんだから』
M浦『M浦、柔軟剤なんか使ったことないですよ!すごーい。あ、メイク落としまで』
高浜『それも社販なの。よく見ると同じメーカーばかりだから』
M浦『いいんですか?M浦最近お金がなくて、サラダ油でメイク落としてたから、すごい嬉しいです!』
高浜『サラダ油…落ちるの?』
M浦『結構綺麗に落ちますよ。食べるものだから顔に使っても恐くないし』
高浜『そうなんだ…』


貧乏ってせつない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.10

IWGP

定時後、隣のプロジェクトの話題は『タイガー&ドラゴン』。

はまっているらしき人が、最初のスペシャルを見ていないので設定がわからないと騒いでいたので、『じゃあ、うちのハードディスクにあるから焼いてあげようかな』と思っていたら。

『でも、あれはビデオにとってまで見るものじゃねーよな』と言い出しました。
しかもまわりも『そうそう、くだらないから時間を潰したら損しますよね。なんとなく帰ったらやってるのがいいんですよ』『考えて見ちゃいけない』と、いう始末。

そんな鈍さだから、でもあれ難しいんだとか言うんですよ…
笑いに対する感覚が鈍いやつが、なにも考えずに見ているなんて!
きーっ!!


以前、『おたくの書き手は物語を補完して見る癖がついているので、一般人より笑いに対する感覚が鋭いことが多い。笑いは想像力だ』と某おたく日記で語られていたのを見たのですが、こうもはっきり『考えないで見る』と言う人を見るとあの記述をつい思い出してしまいます。
もったいないなあ。

◆◇◆◇◆

おまけ。

隣から聞こえてきた会話の抜粋。


『あの人、有名な演出家なんだろ?』
『木更津キャッツアイもそうなんですよね』
『あと池袋…なんだっけ』
『池袋…ウエストサイドストーリー?』
『いやなんか、違うような』
『そういえばあの人、今度映画するんですよね』
『真夜中のやじさんきたさん、でしたっけ』
『あれだろ?二人がホモだとかすげー設定のやつ』
『ワケわかんないよな。変なこと考えつくよ』
『だからドラマも難しいんだよなー』


どこからつっこんでいいんですか…かみさま。

◆◇◆◇◆

同僚M浦さんは、GW中に引越をした。

が、

引越でお金がないのでパソコンを質に入れようかなと語るくせに旅行に二回も行き、ローンで買った液晶テレビはテレビ台が買えないので段ボールに乗り、事前にサイズを調べておかなかったために勉強机が台所におかれ、おまけに新居の排水口が壊れていたため銭湯&コインランドリー通いだそうな。

あいかわらず、すがすがしいほどのオモシロ人生に、ヘタレ好きの高浜としてはかわいがらずにいられない。

それにしても…
仕事をさせるぶんには計画性があるのに、なんで私生活だとああなるのか。

不思議で仕方がありません。本当に。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.09

カーネーションをあの人に

またもやダイエットをだいなしにするべく、東京国際フォーラムのベートーヴェン市場でグーラシュライスとワイン。

グラスワインで数十種提供しているので楽しみにしていたのですが、開栓したてがオッケンハイマー・ザンクトロフスカペレの2002しかなかったのがちと残念。
食事中、目を皿のようにして他のテーブルでワインをあけてくれないかと待ってみたのですが、結局あけてくれませんでした。
がっかり。

でも、全体ではとても満足。
それというのも、『グーラシュライスには肉を入れてなかったんだけど、最終日だからサービスです』と肉とポテトがついてきたから。
600円でそれなら全然ありでしょう。
しあわせ。

◆◇◆◇◆

デパートの商品券があったので、某化粧品カウンターで男性BAさんに会社用の口紅を一本、選んでもらいました。

『とても優柔不断なので、できればプロの人にビシッと決めつけていただけたらな〜って』

とお願いしたところ、BAさんは水を得た魚のようにしゃべりはじめ、そりゃもうテキパキと口紅を選んでくれました。


一度、男性のBAさんに接客してもらいたかったので、どうせ商品券なんだからと試してみたのですが…意外と楽でいいかも。
『他人を綺麗にするのが大好き!』というオーラみたいなものが全面的に出ていて好印象だし。


ちなみに色はというと、コーラルカラーになりました。
自分では暗いトーンばかり選んできたのに、そうきますか。

しばらく使って考えてみます。

◆◇◆◇◆

母の日のプレゼントは花束とダイエットグッズと低周波治療器。

ちなみにマイスイートリトルエンジェルK志さん(一歳二ヶ月)は、わが母親がもたせた一輪の赤いカーネーションを意味もわからないまま義妹ちゃんに渡して、義妹ちゃんをうるうるさせたようです。

『はじめてのおつかい』並の反則技ですよ、お母さん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.07

つぶらちゃん

つぶらちゃん

金曜日。
通勤途中に大量の鯉のぼりをみかけました。

ひな人形を雛祭りすぎて飾っていると嫁き遅れるそうですが、そういえば時期外れの鯉のぼりにまつわる噂は聞いたことがありません。

そもそもひな人形が、だらしのない親に育てられる結果を示していることを考えると
『子どもの日をすぎて鯉のぼりや五月人形を飾っていると、ニートになる』
くらいの噂が現代的なのかも。

もちろん、ひな人形同様にこの決めつけにはなんの根拠もありません。

◆◇◆◇◆

出勤したところ、お客様(二歳年下)の父親の訃報を聞いてびっくり。
二週続けて同期の父親の訃報を聞いていたので、これで三週連続です。

重なるときは重なるものですが、それにしても…という感覚がさすがにわいてきます。

高浜のプロジェクトの下流システムの担当者だったので、参列はしないまでも香典を出すことにしましたが…親孝行、しなきゃなあ。

◆◇◆◇◆

まだ微妙に電車内も職場も空いているのが寂しい会社員にも、憩いは存在します。

今日の憩いは
福岡銘菓『ひよ子』。

いつみてもつぶらな瞳がラブリーな一品。
そんないたいけなひよ子に喉笛を切り裂くような一撃を加えて、いただく高浜。

K木の日記で『ひよ子を喉笛から食べる』という日との話を聞いて以来、喉笛からしか食べられなくなったのですが…ひどい日記を書いてくれたものです。
(私信:ぐれぐれしてるようだけど、大丈夫?)

というわけで、写真はありし日のひよ子さん@高浜の職場机。

ごちそうさまでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.05

後半

連休後半突入。

月曜は職場の近くで2頭のグレート・ピレニーズをみてしあわせ気分。
飼い主さんに許可をいただいて、ふわふわのまふまふな毛並みをかいぐりかいぐりしてみました。

し〜あ〜わ〜せ〜


ところで。
高浜がまふまふしている間に、のべ30人くらいの人がかいぐりしたのに…飼い主に声をかけてからさわる人間が三人って一体?

そして外人が異口同音に『熊みたいだよ!北極熊』とうっとり語るのはなぜ?

◆◇◆◇◆

六月頭までに片付けるべき仕事関係のイベントが小山を作りはじめたので、月曜の夜からのろのろ着手。

とりあえず一番簡単そうなやつを木曜までになんとか…と考えたものの、世の中はそんなに甘くなく終わらず。
金曜にはなんとか!!

それにしても。
新しい知識を得ることは好きな方なのに、試験勉強となると突然やる気がうせるのは、大人になったところでなにも変わらないんですよね。

頭も身体も働かなくなるんだから、気力くらい充実しないものでしょうか?

◆◇◆◇◆

データでみる連休後半の高浜さん。

ぷちさばと:1回
テキストと問題集:500頁強
普通の本屋にない本:それなり
イタリアン:1回
ビールまみれ:1回
甥っ子:2回
運動:毎日30分
捨てる本:50冊くらい
旧千円札:21枚

◆◇◆◇◆

そして連休中には溜めていたビデオも少し消化しました。

タイガー&ドラゴン:みてます。クドカン好き。
他のドラマ:むり。勘弁してください。
サッカー:みてません。ゴールシーンやダイジェストばかり。
アニメとか:新番はLOVELESS、アクエリオン消化中。というかアクエリオン爆笑中。あとは録画したけどついていけず。借りていた十兵衛ちゃん消化。中年仮面ライダーがちとみたいかも。

一日が48時間欲しいです。

さて、これから風呂に入って、溜まった図書館の本を消化するとしますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月の新規読書とかダイエットとか(BlogPet)

きのうしろが、ここに定義したかったの♪


木曜日は・・・プロジェクトメンバーに『GWの定義は4/28〜5/9まで。
その中で...


*このエントリは、BlogPetの「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.02

4月の新規読書とかダイエットとか

木曜日は・・・プロジェクトメンバーに『GWの定義は4/28~5/9まで。その中で休みをとりたい人は3週間前までに申告!』と宣言したために、早くも職場はGWモードでした。

だから人が少なかったのに、システムはそんなことしったことじゃないので、容赦なくおちてくれます。
しかも本番機リソース不足とかで。

いやね。いいんですよ・・・別に1千万件×7テーブルくらい書き込んだって。
一括で受注しているわけじゃないから超過勤務も請求できるし、わたしたち、同じシステムの違うプログラムじゃないですか。表スペース名もインデックススペース名も1文字違いなんだから、間違えることだってありますよね。人間なんだもん、ミスくらいして当然ですよ。
そりゃ会社は違いますけど、怒るのは非生産的だし、あなたを責めたりしませんって。


うちが落ちさえしなければ。ね。

◆◇◆◇◆

金曜日から日曜日にかけてはだらだら。

長期休暇恒例イベントとして、床が抜けないように本を100冊捨てようとするも、やっぱり恒例の昔の本を読み返す無限ループに陥る。
その中で、昔わりと好きだった話の主人公が20歳であることに気がついて愕然としてみたり。というか彼女、21歳で結婚してますよ。
処分は50冊消化。あと50冊。


せっかくなので『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』こと、『名演奏家のベートーヴェン1500円で楽しもう』に行こうとするが、早起きできずに断念。
行きたいと思うプログラムは超スタープログラムで前売り完売だったので、どんなに遅くても朝の7時には東京国際フォーラムについていないといけなかったんですけど・・・休日モードの高浜には無理な相談でした。
イベントとかの趣味になると、休日だろうと早起きも平気だとかいう話もあるんですが。


日曜日にはサッカー友達に会って、ケーキ屋でだらだら。
大学サッカーはまりしてるのと職場の同僚のことでいろいろ悩んでいたりするのは相変わらずだったのですが、友達も結構痩せていたのでちょっとびっくり。
なんでも20キロ痩せたそうです。
若いときは多少の余計なおもりが身体にぶらさがっていても困らないけど、歳をとるとそれが堪えているのでダイエットしたくなるのかも。


そして連休中に片付けるべき仕事の課題は遅々として進まずどころか、全くの手付かず。いやなことには目をつぶっときます。いまのうちは。

◆◇◆◇◆

えーとダイエット。

下半身のサイズダウンは少しずつ成果がみえてきたものの、上半身のサイズ変化※がありません。(※ユニクロブラウス計測)
いやまあ、そりゃウエストや二の腕にまったく成果がないとは言いません。
でも、ブラウスのサイズが変わらないのも事実なんです。

これは間違いなく背中の肉です。

というのもですね。
背中の肉がね・・・まだ全然、つかめるんですよ(遠い目)

『急激に体重が減ったらバスト残るっていうからー、きっとそうだと思うのv』なんてごまかしは言いません。
筋トレしたから胸筋がついてバストアップしたのよ!なんて欺瞞も申しあげません。

だってつかめるのは背中なんだから!
背中にガンコな脂肪がぴったり張り付いているんですよ!!!

原因なんですが・・・
かつて、背中の筋肉が固まりすぎたあまりに、脱臼を起こしたことがある高浜のことです。
肩こりで血行が悪くなりすぎたために鉄板と評される筋肉が原因ではないのかなとふんでいます。
(筋肉がろくに動かない→その上の脂肪が減らない→他のところは減ってくるが背中は残る)

背中ダイエットは肩こりの解消からなんでしょうか。
悩みどころです。

◆◇◆◇◆

毎度おなじみ、mixiであげていた4月の新規読書。
分類がますますもってよくわからないことになっています。
タイトルの羅列だけでは不親切極まりないので、今月から星をつけてみました。
本代が大変なことになっている高浜の評価なので、星2つだけがオススメだと思ってくださればよいのではないかと・・・。

★★:わりと好き。ひろく一般にそれなりにオススメ。
◆◆:一部のマニアにそれなりにオススメ。
★:普通の人が買ってもよいかも。
◆:マニア、あるいは本題を惜しまない人なら買ってもよいかも。
×:ト○デモ本マニアなあなたにオススメ。

【児童・スポーツ】
大雑学ザ・メジャーリーグ(日本雑学研究会)/年中無休スタジアム(乙武広匡)/星屑たち(川端康生)/スポーツライターを目指す人たちへ「江夏の21球」の盲点(手束仁)/放課後のトム&ソーヤ 3(はやみねかおる)★&◆/ちいさなちいさな王様(アクセル・ハッケ)

【SF・ミステリ】
黄金旅風(飯嶋和一)★/ダ・ヴィンチ・コード 下(ダン・ブラウン)/TVJ(五十嵐貴久)/レインボウ・プラネット(小川一水&田中芳樹)

【小説・エッセイ】
むかしのはなし(三浦しをん)◆/さくら(西加奈子)/間宮兄弟(江國香織)/ちーちゃんは悠久の向こう(日日日)/スノー・ドーム(アレックス・シアラー)/おじさまバイブル(蝶々)/美女に幸あり(林真理子)/旅行者の朝食(米原麻里)★/現実入門(穂村弘)/言葉の常備薬(呉智英)/USAカニバケツ(町山智浩)

【上に入らなかったりよくわからない本】
経済論戦の読み方(田中秀臣)/マッキンゼーITの本質(横浜信一、萩平和巳、金平直人、大隈健史、琴坂将広)/アメリカ外交の魂(中西輝政)/希望格差社会(山田昌弘)/階層化日本と教育危機(苅谷剛彦)/ホロコースト産業(ノーマン・G・フィンケルスタイン)◆/ザ・エージェント(鬼塚忠)/武装解除 紛争屋が見た世界(伊勢﨑賢治)/いまどきの中国人(サーチナ・中国情報局)/女はなぜ足を引っ張りあうのか(スーザン・シャピロ・バラシェ)/女たちはなぜ「口コミ」の魔力にハマるのか(黒川伊保子)/ありがとう!次郎(村崎太郎)/武器なき祈り(板垣真理子)/伊東家の食卓 使える!裏ワザ大全集 2005年版(小野寺徹)

【ラノベ・おたく】
妹オーディション(今野緒雪)◆/朱にまじわれば紅(雪乃紗衣)/プラムと竜の子供たち/魔女と竜の子供たち(以上、上領彩)/新フォーチュン・クエスト 10(深沢美潮)/聖竜伝 1(冴木忍)/魔法使い、貸します!/魔法使いVS錬金術師!(以上、三田誠)/推定少女(桜庭一樹)/霧の日にはラノンが視える 3(縞田理理)/キャットテールレポート 2(新田一実)/HARDLUCK 1~3(菅野彰)/甘美なる夜に咲く花(駒崎優)/空にはちみつムーン(松前侑里)

【コミック】
DEATHNOTE 6(大場つぐみ&小畑健)★/冒険王ビィト 9(三条陸&稲田浩司)/銀魂 2~6(空知英秋)/ネコマジン完全版(鳥山明)/DRAGONDRIVE 12(佐倉ケンイチ)/トッキュー!! 6(小森陽一&久保ミツロウ)/トト! 1~2(長田悠幸)/空の昴 21(本島幸久)/クニミツの政 23(安童夕馬&朝基まさし)/PLUTO 2(浦沢直樹&手塚治虫)★/カッパの飼い方 4(石川優吾)◆/エアマスター 24(柴田ヨクサル)/みなみけ 1(桜場コハル)/てるてる×少年11(高尾滋)/極楽青春ホッケー部 1(森永あい)/砂の下の夢 1(TONO)/愛がなくても喰ってゆけます。(よしながふみ)★&◆/人生はCHUCHUだ!(いなずみたえこ)/いい電子 5(みずしな孝之)/ビジュアル探偵明智クン!! 1(阿部川キネコ)/ウルトラ・パニック 4(斎藤岬)/トレイン☆トレイン 3(影木栄貴)/課長の恋 2(九州男児)/真空融接(びっけ)


今月はあまり本を読んでいないということもあってか、大ヒットはなし。
マンガ喫茶にすら一回しかいかずに、スポーツクラブに通っていました。

一応のトピックスは・・・

『希望格差社会(山田昌弘)』
『階層化日本と教育危機(苅谷剛彦)』
少し前に話題だった格差系の2冊。後者は統計をかじったことがないと飛ばし読み必至な一冊ではないかと思うので、広くオススメするなら前者です。
ちなみに内容はですね・・・
高浜は両親が大卒でメリトクラシーを信じていた人々なので、小さい頃から努力努力言われてエリート街道を歩むようハッパかけられました。(が、おたく道にドロップアウト)高浜の弟は学歴社会的には高浜よりも失敗ルートのはずですが、一度に両手の指で数えなければならないほどの彼女をつくったりしていて、いつも高浜よりも楽しそうでした。高浜の友達にはT大医学部でカップルになった年収x千万の友達もいれば、院卒しても『センセイ』にはなれずにおたく雑誌編集している友達もいます。
それって学歴大好き!な70年代あたりの子育ての常識がもう通用しないってことだよね?と思っている人に、社会学(狭義では教育社会学)の見地から分析した結果を提示している本です。そのあたりが気になる方なら読んだら面白いんじゃないかと思います・・・が、読んだからといって個人レベルではなんの解決にも救いにもなりません。だってそれが社会学。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« April 2005 | Main | June 2005 »