« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.25

2週間分と1ヶ月分(BlogPet)

しろはblogすればよかった?
高浜がblogするはずだったの。
きのう高浜の、ひさしblogしたかった。
ここへ高浜とblogするつもりだった。
ここにひさしにblogするつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.24

2週間分と1ヶ月分

おひさしぶりの高浜です。
それこそものっそい体調が悪くてぐったりしてました。38度台が続いて会社でぐらぐらしてみたり。
年だ・・・年なんだ・・・。

ということで今日は2週間分の日記といまさら6月分の新規読書です。

◆◇◆◇◆

7/9(土)~/15(金)

土日にかけてK木と箱根旅行。
ダイエットを忘れビールを飲み、飯を食う。
この背徳的な快感がたまらなくて人はリバウンドするのかもしれません。(たぶんちがう)
日曜日は天気が悪かったので御殿場プレミアムアウトレットへ。
なにも買わずに帰ってくる高浜。無印良品でものを買うK木。あなたたち、それでもOLですか?

ところでプレミアムアウトレット。妙に店舗が外国よりだと思っていたら、もともとはアメリカのチェルシープロパティ社が日本でアウトレットを展開しているんだとか。道理で日本でさほどブランド展開していない店のアウトレットショップがあるわけですよ。品揃えはイマイチでしたけどね。ええ。

平日は・・・飲み会が2回と健康診断と地元の神社のお祭り。
予定がない日は死ぬ気で残業。
もうやだ・・・こんな生活。

ちなみに健康診断ではあまりの体重の減りっぷりに健康センターのお姉さんに驚かれました。
・・・女はどうしてこう、他人が体重減ったらすぐそのコツを聞きだそうとするのか。
その努力の1%でも男がしだしたら、帰りの電車で我が物顔に二人分くらいを陣取るオヤジが減るかもしれないのに、世の中ってのは面白いものです。

神社のお祭りはほけほけといつものメンバーで。別におもしろい出店はなかったというか、宵宮だったのでお店の出がイマイチだったというか・・・。
そうそう、リアルムシキング!ってカブトムシを売るのはやめてください。
カブトムシはチョキすら出せません。常に反則負けです。
(注:ムシキング・・・カードとじゃんけんとが融合したゲーム。子供に大人気。この夏はANAポケモンジェットに対抗してJALはムシキングジェットを飛ばすらしい)

◆◇◆◇◆

7/16(土)~/22(金)

連休は親戚の結婚式で長野へ。
高浜両親+義妹ちゃん+甥っ子+高浜で車で出かけてきました。
親戚というか従姉のRちゃんは、建築士ですがアグリカルチャーらぶ・な人生をあゆむべく別荘地を買い自分とだんなで家を建て、そして今回はれておうちのお披露目にいたったという人です。
(生涯籍は入れない予定だそうで、おうちのお披露目=結婚式あつかいなんだそうな)

まあその・・・悪い家じゃないですよ。
ただその・・・あの・・・家の中で草鞋をはくのはどうかと思うんだけど、Rちゃん。

そして今回はちびっ子が大量発生して、ちびっ子に無駄に愛される高浜さんは何度悲鳴をあげたことか。
最近の子供は、バッタすら正しくもてないんですよ。ご存知でしたか?
9歳の男の子が『ほら俺、バッタ捕まえたぜ』と鼻高々に両手を閉じたまま持ってきたときにはガックリきました。
そして、4歳の男の子がむんずとツチバッタの腹をつぶしてもってきて『ぼくもー』と言ったときには本気で頭を殴りそうになりましたとも。
そりゃ・・・捕まえたじゃなくて、殺したっていうんだよ・・・たっくん。

仕方なく、Rちゃんの旦那のSくんと高浜さんのなぜなに理科教室まで開催しましたとも。
アゲハチョウの幼虫を見せれば頭から茶色い汁を出すまでぎゅーっとつかんでくれてまた悲鳴をあげるはめになるし、笹舟作らせれば手を切るし、竹とんぼ作らせれば鉈に当てる石を頭のてっぺんまで持ち上げて叩き落すし。
なんだか一気に年をとった気分ですよ。ええ。
海外に修学旅行行くんじゃなくて、農村にでも行け!

19日は朝こそ会社に行ったものの、宅急便を受け取らないといけないのと疲労で午後半休。
(両親と義妹ちゃんたちは火曜まで長野にいたが、高浜だけ月曜にかえってきた)
やってきた宅急便はハリポタ6巻。わーい!と章タイトルをみようかとパラパラめくっていたら・・・思いっきり××が死ぬところを読んでしまいました。ぎゃー!!!
まあ、7巻で完結させるには少しずつ登場人物を整理する必要があるのはわかっていましたが、またまたやってくれましたね。ローリング先生。7巻がどうなるのか楽しみというか・・・あの・・・7巻、原書で上下巻になる気がするのは気のせいですか?

そのほかの平日はぼんやり。
金曜は両親の誕生祝いで某会員制日本酒屋にいってきました。
相変わらずお酒のそろいも肴も美味しくて大満足。K木やO矩くんとかともぜひ行きたいんだけどなあ。

◆◇◆◇◆

そして土日はまったり。
地元のお祭りがあったり地震があったり。
なんというか、地震が起きても『やばい!』と思わないあたり、ちょっぴり人生枯れ気味かもしれません。
義妹ちゃんと甥っ子が大丈夫なのを確認したらもうどうでもよし。
でも、家がつぶれたら『やばい・・・あそこらへんの本を処分するまでは死ねない!!!』とかパニックになる気がしなくもないんですけどね。

でもってサッカー観戦は電車が動いていないとわかった時点で記憶の彼方に・・・。
いや、実際に行ってきた友達が24時過ぎて帰宅していた時点で、行かなかった私は勝ち組!な気分ではありましたが。

まあ、震度のわりにはたいした被害でなくてなによりです。
発生時刻が夕方だったことや、気温が結構涼しかったのもよかったんでしょうね。これで気温が暑かったら閉じ込められた人とか脱水症状で倒れまくっていたかもしれません。

◆◇◆◇◆

でもってこの期間中に一番びっくりしたこと。
やじうまWatch
の7月19日で速読についてちょっぴり触れられていたんですが

【さらに訓練すると頭の中でテキストを音声化しなくなって、文字からいきなりイメージが湧いてくるという、非常に気持ち悪い体験ができるのだ。】

って・・・それが速読なんですか!?
それならちょっと本や書類をたくさん読む人なら誰でもできることなんじゃ!?

えー高浜。本気でびっくりしました。
それが速読なら、小学校のころからできてましたよ。ええ。
でもってmixiでこのことについてびっくりしたと書いたら、某よーこさんからは『最近英語でもできるようになった』と。けっ・・・どーせ私は英語はまだですよ。(というか一生むりっぽい)

◆◇◆◇◆

そして、ずーっとあげてなかったので、スターウォーズエピソード3の先々行レイトに行った時の、
たぶん、ネタばれじゃない感想(小林サッカーのエンディングネタばれあり)
相方はK木。

「意外と面白かったね」「感想サイトで『3・4・5で完結すれば名作だったのに』って書いてあるのはわかるなあ」「私はXXXラブだから、その感想には反対だけどね」「じゃあ私はヨーダ様ラブで!」「あ、でも私、オビワン好きだな」「いいよねえ。ヘタレ最高!」「ヘタレといえばさ、蛍光灯でちゃんばら!」「やったやった!通過儀礼みたいなもんだよね。そんでもって割っちゃって先生に怒られる」「そうそう。小学校でさ、映画の翌日には必ず蛍光灯ちゃんばらが」「仕方ないから蛍光灯の梱包ダンボールでやるんだけどヘナヘナでさ」「ガムテープで補強したりするんだよね~」「なつかし~。そういえば第3部はどんな話になったんだろうねえ」「ルークとレイアの子供たちが活躍する冒険活劇じゃないの?」「へーそうなんだ。また邪悪なかんじなの?」「いや、知らないけどでも善悪のバランスが取れてないといけないんだから色々あるんじゃない?」「ルークとレイアの子供たちがじゃんけんとかで交代にダークサイド預かれば?『くっそー。今週は俺がダークサイドかよ』みたいに」「いやでも、どっちかっていうと『くっそージェダイじゃなんにもできねーよ』じゃないの?」「そっか!悪の方がやりたい放題だもんね。運が悪いとずーっとジェダイみたいな」「『畜生。いつまで俺ジェダイなんだよ!ナンパもできやしねえ!』とか」「『悪いわね。私ちょっと子供作るから、あなた1年くらいジェダイしてよ』『きたねえぞ!』とか?」「女はずるいな・・・まあ、結構平和みたいだしそれもありか」「平和といえばさ。小林サッカーのラストみたいにみんながジェダイになってたりして」「みんながライトセーバー?」「そうそう。『バナナの皮ですべってころんでも、ジェダイだから大丈夫!』みたいなCM流すの」「あはははは、それひどいよ」「『ダイエットにはダークフォース』とかさ」

ジョージ・ルーカス先生。
ごめんなさい。
私たちはスターウォーズが大好きです。

とりあえず、1・2で力尽きた人も3は見に行っていいんじゃないかと思います。でも4~6を見ていない人は、3を楽しみきれないかも。わかっているからこそ面白いシーンとかが、かなりあったので。

◆◇◆◇◆


6月の新規読書

えー・・・7月ももう終わりだというのに、なにを6月だ!という方もいらっしゃる気がしますが、mixiであげていた読書記録を。分類は適当。星がついているものには一応、アマゾンとのリンクを張っておきます。
ほかは面倒くさいので自分で探してください・・・書影を確保できればそれでいいんです。アフィリエイトなんて・・・(ごめんなさい、アマゾン)

★★:わりと好き。ひろく一般にそれなりにオススメ。
◆◆:一部のマニアにそれなりにオススメ。
★:普通の人が買ってもよいかも。
◆:マニア、あるいは本題を惜しまない人なら買ってもよいかも。
×:ト○デモ本マニアなあなたにオススメ。

【児童・スポーツ】
ティーン・パワーをよろしく 5(エミリー・ロッダ)/マーリン 2(T・A・バロン)/いつか、ふたりは二匹(西澤保彦)◆&★/アルビレックス新潟の奇跡(飯塚健司&滝井寿紀)/ナンバーワン(オリバー・カーン)/サッカーライターになりたい!(佐藤俊)/スポーツ・マネジメント入門(広瀬一郎)

【SF・ミステリ】
Φは壊れたね/Θは遊んでくれたよ(以上、森博嗣)/ネコソギラジカル(中) 紅き制裁vs.橙なる種(西尾維新)/青に捧げる悪夢(発行:田口恵司)/フラグメント(古処誠二)/アマゾニア(粕谷知世)◆&★

【小説・エッセイ】
優しい音楽(瀬尾まいこ)/ユージニア(恩田陸)/ケータイ・ストーリーズ(バリー・ユアグロー)/ベルカ、吠えないのか?(古川日出男)/さすらいの女王(中村うさぎ)/夜ふけのなわとび(林真理子)/ワーキングガール・ウォーズ(柴田よしき)/映画欠席裁判◆/映画欠席裁判 2(町山智浩&柳下毅一郎)

【上に入らなかったりよくわからない本】
プレゼンテーションは話す力で決まる!(福田健)/マッキンゼー式世界最強の仕事術(イーサン・M・ラジエル)/通勤電車で座る技術!(万大)/女神の欲望(中村うさぎ・岩井志麻子・乙葉)/殴り殺される覚悟で書いた親日宣言(チョ・ヨンナム)/指紋を発見した男(コリン・ビーヴァン)◆/オタクの遺伝子(稲葉振一郎)◆/アンリ・ジャイエのワイン造り(ジャッキー・リゴー)◆/信用リスクモニタリングと日米比較金融システム論(鈴木泰)

【ラノベ・おたく】
流血女神伝 喪の女王 1(須賀しのぶ)/聖石の使徒 蒼の組木箱(前田珠子)/12月のベロニカ/眠り姫(以上、貴子潤一郎)/先輩とぼく 5(沖田雅)/私の優しくない先輩/アンダカの改造学 Ⅰ(以上、日日日)/リリアとトレイズ 1(時雨沢恵一)/ローゼンクロイツ 仮面の貴婦人/アルビオンの騎士 前・後/エーベルハイトの公女/4つの変奏曲/黄金の都のスルタン蒼き迷宮のスルタン/緋色の枢機卿/カレリヤンブルクの冬宮(以上、志麻友紀)/竹の花~赫夜姫伝説/ホミサイド・コレクション 1(以上、篠原美季)/霧の日にはラノンが視える 4(縞田理理)/僕は野球に恋をした(樹生かなめ)/落下の雪に踏み迷う(久我有加)

【コミック】
ピューと吹く!ジャガー 9(うすた京介)/BLEACH 17(久保帯人)/もう、しませんから 1(西本英雄)/トッキュー!! 7(小森陽一&久保ミツロウ)/焼きたて!!ジャぱんですよ! 18(橋口たかし)/MAJOR 54(満田拓也)/ハヤテのごとく! 2(畑健二郎)/創竜伝 3(田中芳樹&恵広史)/GO AHEAD 1(樋口大輔)/きせかえユカちゃん 1~7(東村アキコ)/しゃにむにGO 20(羅川真里茂)/スキップ・ビート! 10(仲村佳樹)/ボクを包む月の光 1(日渡早紀)/おまけの小林くん 14(森生まさみ)/V・B・ローズ 3(日高万里)/虹色JOKER 1(みなみ佐智)/ラブ★コン 10(仲原アヤ)/初恋ロケット(タアモ)/テレキネシス 001(東周斎雅楽&芳崎せいむ)/もやしもん 1(石川雅之)◆◆&★/島根の弁護士 2(香川まさひと&あおきてつお)/ギャラリーフェイク 32(細野不二彦)/ゼロ 52(愛英史&里美桂)/エンジェル・ハート 15(北条司)/頭文字D 31(しげの秀一)/山下たろーくん うみとそらの物語 1(こせきこうじ)/Landreall6(おがきちか)


6月は忙しかったのでちっとも読んでいませんね。
コメントも特にすることないです。

あ、でも、漫画好きなら『もやしもん』はかなりオススメかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.11

夢見る人々(BlogPet)

きょうは知人を表現した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.09

夢見る人々

mixiの日記に知人がつけたコメントに、『ものっそい』という表現があった。

高浜はその言葉をしらなかったので、『ものすごい』のおじさん→おっさん的変化だろうなと思いつつもググったら…某学校の生徒が授業で作ったという内輪用語辞典なページがひっかかりました。

『ものっそい』は予想通りだったんですが、『やぼったい』とかまで内輪用語扱いとは…
若年層の辞書離れ&日本語力の低下は、高浜が考えていたよりも深刻なのかもしれません。

昔と違って、電子辞書なんてもので簡単にひけるのにねえ…。

◆◇◆◇◆

午前中、隣の島のおたくな男性が、『R25』という雑誌のタイトルについて話をしていた。

彼の説によると、『R指定とはRがアルファベットの18番目の文字だから18歳以上が対象ということをしめす。その上にはX指定というのがあって、これはアルファベットの24番目だから24禁の超成人向けを意味している。つまりこのタイトルは本来ならY25とつけるべき』なんだそうです。

レイティングの説明としては明らかに間違っているんですが、もっともらしさにうっかり感心。
案の定、隣の島ではそれを信じた人が『おれ昔、X指定みたことある!マジエロだった』という始末。

正解はRはrestrictedの略で、XはRの昔の言い方、つまりはどっちも18禁でしかありません。

が、しかし。
X指定があるという話でもりあがる隣の島の男性陣の姿があまりにも生き生きとしていたので、間違いだというのは黙っていようと決めました。


あの異様なまでの盛り上がりっぷり…
X指定は男のロマンというか夢の一種に違いありません。

夢は夢のままに、ね。

◆◇◆◇◆

仕事帰りの電車の中。本から目をあげると、いつのまにかナナメ前におばあさんが立っていました。
やべ、譲らなきゃ。
そう思ったのですが、激しい違和感を感じたので慌ててもう一度観察。

ばーちゃんあんた…目付きからするに、少しばかり頭がおかしいね?

そもそもなぜ仏像のポーズを?
そしてなぜそんなに若作りな服を?

それよりも、右手にもったコンビニのビニル袋になみなみと満たされている、異臭をはなつ黄色い水は…いったい?

かみさま。
恐くて席を立てなかったチキンな高浜をお許し下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.07

図書館とカラオケ

水曜の定時後。

客先のややエライ人(部長相当)であるN倉さんが、相当枚数の紙束をもったプロジェクト担当であるN野さんと共に高浜の机にやってきた。

なんだ!?
うちのプロジェクトがどんな不始末を?

焦る高浜。
近づく二人。

すると、N倉さんは高浜の図書館用サブバッグに目をやり言いました。

『ねえねえ高浜さん。高浜さんてば何館くらい図書館をハシゴしてるの?
S区じゃ読みたい本がなかなかこないんですよ』

続けてN野さんがこう言いました。

『すみません。これ、頼まれていた外部システムの資料です』


…紛らわしいから二人でくるの禁止。

てゆーかN倉さん、そのサブバッグにはカバーをかけてあるとはいえラノベも入ってるので、あんまり中を漁らないで!

◆◇◆◇◆

N倉さんとなぜか叙述トリックメインの最近のオススメ推理小説について語ったあと、客先の別システム担当者であるS田さんがあらわれて言いました。

『いやあ。N倉さん、最近すっかり図書館にハマってね。というか、私が高浜さんにネットで図書館の本の検索と予約ができるって聞いたじゃないですか。あれをうちの社内で話したらみんなが図書館に通いはじめてね』


…お前か。S田。

道理で最近客先で新刊書籍の感想や評判を聞かれるわけですよ。まったく。

『さっきN倉さんに会ったら、高浜さんのバッグの中に読みたい本が2冊もあったって言っていましたよ。ここで恩を売れば仕事でいいことがあるかもしれません』

なるほど!
じゃあ、上半期中にN倉さんに10冊は本を貸すことを目標にしようかな…


ちなみにそのときのサブバッグの中身は
「君たちに明日はない」「僕たちの終末」「死体はみんな生きている」「マルタ・サギーは探偵ですか? 2」
だから「君たちに」と「死体は」かな。さすがに機本は読んでないと思います。たぶん。

◆◇◆◇◆

夜はサッカー友達と渋谷パセラでカラオケ。

高浜は歌を歌うのは好きです。
上手下手にかかわらず、他人が楽しそうに歌うのを聞くのもわりと好きです。
カラオケも嫌いではないです。
でもマイクをもって歌うのはどうでもいいです。
しかも優柔不断なので曲が決められません。

というわけなので、三人で三時間行ったけどマイクをもったのは5曲くらい。

最近お気に入りのヘタレ歌はちゃんと歌ったし、充分満足。

◆◇◆◇◆

高浜の友達で30過ぎてもカラオケが好きな人は、まずそこそこのカラオケ上手です。
職場のカラオケなら、おつきあいじゃなく感心してもらえるレベルくらいが普通で、悪くとも人並み。

が、しかし。
今日のメンバーのうちY子さんはこの法則にあてはまりません。
客観的に判断すると、どちらかといえば【下手】でしょう。

なんでかなあ…と言う話を一緒したKたさんに聞くともなしに話してみると
『身近に上手い人がいないんじゃないの?』
という答えが。

なるほど。

なにごとも手本があると上達が違いますからね。
Kたさんも高浜も、おたく仲間の某さん(メジャーな人のバックボーカルやCMをはじめとする作詞作曲を仕事にしている)のカラオケを聞きまくったからなあ…。上手な人のサンプル聞いて耳は肥えてますもんね。

高浜は【普通やや下】クラスでしかないんですがね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.07.06

野球な日々?

またもや間をあけてしまいました。今日も携帯からなので、6月の新規読書はまた今度。

◆◇◆◇◆

木曜日。
トラブル対応と新人を迎える準備と月末締であたふた。
ついでにうちの某メンバーの会社から、九月以降の稼働を半分に減らしたいとの申し入れ。7月の人事異動で出世するんだそうで。

本人にとってはめでたいけれど、うちにとっては頭が痛い問題です。
どうしようかなあ…。

◆◇◆◇◆

金曜はマリンスタジアムでロッテ対西武。

生・渡辺俊介を堪能。
去年のオールスターで意識したのですが、やっと見られました。
アンダースローの本格派は生で見たことなかったのでぜひ一度!と考えていたんですよね。満足満足。

スタジアムでは久しぶりにK村・H姉・S乃さんに会ったんですが、予想通り野球観戦力はK村>>H姉&S乃さんでした。

でも最近、レフト前ヒットなのに一塁によりにもよってヘッドスライディングかますような描写を見慣れてきつつあることを考えると、三人とも全然普通でしたよ…ときどき一緒に見ているというBさんはきっととんでもないんじゃないかとは思いますが。

◆◇◆◇◆

土曜日は大学のサークル仲間の結婚祝飲み会。

正装はしないでくれとメールがきたので打ち合わせ服をレストランデート風に甘口に仕上げてでかけたら…なんだか一番気合入ってました。
しょせんはダメサークルですからね、うちら。

飲み会の中身は…
同期のT松の恋愛相談に誠心誠意こたえてあげたのに、あとからきた同期Y口の若さに驚いたらT松から『Y口は天然。高浜さんは養殖。養殖が天然に敵うわけないだろ』と言われたり。
うるせー、T松こそ中年太りしつつある腹をどーにかしろ。
(…こんな性格だから同期が全員男性なのにちやほやされなかったものだと思われます)

ちなみにこのY口。
昔から甘え上手でしたが、妻子持ちになってもそのパワーに衰えなし。

仕事帰りで23時ちょい前からの参加だったからと三次会したいと騒ぐY口に負けて何人かで、朝まで飲んでしまいました。

高浜も負け組です。
うう…ねむい。

◆◇◆◇◆

日曜はまたもやマリンスタジアムでロッテ対西武。今日の相方はK木。
本来のローテなら渡辺俊介の登板は日曜だったからと買っていた前売をムダにしたくないばかりに野球三昧な週末に。

松坂の要所をしめるピッチングの前に敗北…と書くと格好いいが、11安打で2得点なロッテの攻撃が微妙と言えなくもないかんじ。

アメリカンデー(独立記念日前日のため)ならではの企画はそこそこ楽しかったのですが、睡眠不足のため4回あたりは半分寝てまいました。ごめんなさい。

帰りがけに寄った甘味屋でK村&S乃さんとばったり。
かきごおりが美味しくなる季節です。

◆◇◆◇◆

月曜日。

母親に
『私たちが死んでも、あなたたちは大丈夫よね』
と、聞かれました。

若貴の話題のかげで、何人の兄弟姉妹がこの話をふられたことやら。

まあ私と弟は今はまだ大丈夫なんじゃないかと思いますがね。30年後とかはなってみないとわかりませんが。

問題はむしろ私と弟じゃなくて、うちの両親の親族じゃないのかと。
父方の祖父、あるいは母方の祖母が死んだときが、正直なところ今から恐いです。

◆◇◆◇◆

火曜日。
客先の同じフロアで稼働している別プロジェクトのリーダーから、そこの新メンバー歓迎飲み会に誘われる。誘われたのはうちのプロジェクトのプロパー全員。

部門は違うけれど同じ会社の同じ事業部なので『普通の飲み会』の誘いならわかるけど、『新メンバー歓迎飲み会』ってのは珍しくない?

…と、いうことを向こうのプロジェクトに同期がいるSさんに話したら
『そっか、高浜さん知らないのか』
と。

『…あそこが前回の要員交代でミスったって噂は聞いたことあるから、その関係かなとは思うんだけど』
『ミスなんてもんじゃないですよ。一人は途中でばっくれて、もう一人は週のうち二日出てくればよくて、しかも臭い』
『臭いの?』
『一ヶ月近く風呂に入らないとかじゃないと、あれだけの異臭はでないと思いますよ』
『異臭って…』
『しかもなんか、花粉症だから休みますって言って休んだ翌日にみんなが鼻をずるずるしててもけろっとしてるし、バナジウム入りの水を飲んだから体調不良で帰りますとか言うし』
『なんでまたそんなに詳しいの?』
『俺がどれだけO木(同期)に愚痴を聞かされたと思ってるんですか!
…まあそんなわけで、あそこは今度の交代には失敗できないから必死なんですよ』

…なるほど。
そんな事情なら飲み会は出ておきますか。

しかしこの業界にはありがちな話とはいえ、世の中、いろいろと大変ですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »