« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

10/27_個人情報保護(BlogPet)

日付と本当とか、本当と、本当と日付などをココログしなかったの?
昨日はミスった日付でココログあげてしまいました
またもや昨日は、本当や本当をココログしたかったの♪
またもや昨日は、本当をココログしたかったの?
高浜は、ネットで大きい本当と、本当と日付などスった日付でココログあげてしまいました
本当と日付などをココログすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.28

10/27_個人情報保護

またもや昨日はミスった日付でココログあげてしまいました。
これが本当の27日分です。

◆◇◆◇◆

木曜の高浜さんは本社の会議が予想外に早く終わったのをよいことに、ユニクロで部屋着フリース上下を購入したり、地元で腹巻を真剣な顔で眺めたり。

はっきり言って、早くも冷え込みに負け負けモードです。

…風邪が悪いのであって、筋肉量がないから発熱しないとかそんな理由じゃないから!!

たぶん…きっと。

◆◇◆◇◆

来週から始める新規要員面談の職務経歴書が届いたので、暇な会議中にぼんやりと眺めていたら、妙なことに気がつきました。

『氏名』欄なんですが、候補者が『千葉 ロッテ』さんだとすると、『CHI−LO』と記入が…。

別の会社からインド人や韓国人でも構わないかと聞かれていたこともあり、中国か韓国あたりの『チ・ロ』さんかと本気で思っちゃいましたよ。まったくもう。

個人情報保護法の影響だと思いますが、そこまで気を使っているわりには、最終学歴と年齢はがっつり書いてあるんですよね。

わかんないなあ…。

◆◇◆◇◆

新規読書

冒険の国(桐野夏生)
世界の中心、針山さん(成田良悟)
マーリン 4(T・A・バロン)

ついでにノベルス落ちした空色勾玉再読。

『冒険の国』。さすがにデビュー未満作を改稿しただけのことはあるというか、文章は練れているのにそれ以外が甘いという不思議な作品。
作者のネタ切れを心配してしまいそうになったんですが…実際のとこどうなんですかねえ。さかんに作品を発表してるからそんなことはないと思うんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/27_祝・ロッテ日本一

ロッテが日本シリーズを制覇したので、水曜は慌ててココログを更新。
時事ネタはさっさとあげないとかもされてしまうのがいけません。
(『もやしもん』の影響で、最近『かもす』という言葉を使いがちな高浜さん)

しかし、最後が接戦だったおかげか、職場や私の身近な阪神ファンは拍子抜けするほど穏やかでした。
三試合連続で身も心も傷つけられたせいか、なにかを悟ってしまったようです。おそるべし、日本シリーズ。

まあ、どうせ来年が始まれば煩悩の塊に戻るんでしょうけど。

◆◇◆◇◆

えーと、誰だっけなあ。

パ・リーグの一位がプレーオフで日本シリーズに出られないのを評して

『巌流島の佐々木小次郎だ。あれだけ待たされて勝てるわけがない』

とか書いていたのを去年かなんかに読んだ記憶があるのですが、今年の阪神も結局のところこの言葉で片付けてしまうことができるのかも。

来年からはセ・リーグもプレーオフをするという話だし、パ・リーグのプレーオフも少し制度を変えるそうなので、小次郎は減るかもしれませんねえ。

◆◇◆◇◆

新規読書

警鐘(金子達仁&セルジオ越後)
萌え萌えジャパン(堀田純司)

『警鐘』。ジーコも協会もてめえらえーかげんにせい、という気持ちにあふれた本。
ところでセルジオ越後の書いていた、日本の中での地域毎のメンタリティの違いを生かす「北海道東北の寒い地域で守り、関東と静岡で中盤、九州と沖縄で攻め」は確かにステキかも…と思ったんですが、書かれなかった地域はどこ担当ですか、越後さん?
ホペイロ…いやいやまさか監督!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.26

10/25_読み勝ち?

火曜日。

日本シリーズの結果を見ながら、先見の明を誇る高浜さん。

なぜなら、K木と月曜に映画を見に行ったのだけれど、今週ならいつでも良いと言われて月曜日を選択したのは

『阪神が三戦以降もマリーンズにぼこぼこにされた場合、阪神ファンには恐くて近づけなくなるから』

だったんです。

そう、K木さん(仮名)は普段は温厚なのですが、ふとした瞬間にびっくりするくらいイラチになる阪神ファン。

ああ…火曜とか指定しなくて本当に良かった。

必要な場合に時として薄っぺらくなれる友情こそ、長続きするのです。
たぶん。

◆◇◆◇◆

今日は楽しい給料日〜。

と、思ったら、次の給料日までに予定されている遊びの予算を確保したら、一週あたり三食の食事代込みで4000円で過ごさなければならないことが判明しました。

…なんでこんなに貧乏なんだかなあ。

ちょうど良い機会なので、ダイエットに励みますか。

◆◇◆◇◆

新規読書

トラウマの国(高橋秀実)
なぜ、占い師は信用されるのか?(石井裕之)
ナチュラル 障害はあたしのブランド(すがやあゆみ)
辣韮の皮 4(阿部川キネコ)

『占い師』。
最近噂らしいコールドリーディング(仕草や言葉で相手を操るw)のテクニック解説本。
ダマされやすい人の真の問題はテクニックを知らないことではなく、判断を他人任せにしがちなあたりだと思うので、この本を読んで『なるほどそういえば!』と思った時点で、ある意味、既に騙されているというか…
そもそも、この本は騙されたくない人が読んでいるんですか?それとも騙したい人が読んでいるんですか?
そのあたりがかなり気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/24_ちょうちょ

月曜日は早帰りでK木と映画。
見たのは『ティム・バートンのコープスブライド』。

チャーリーとチョコレート工場がマーズ・アタックの流れを汲んでいるとするなら、こちらは疑いようもなくナイトメア・ビフォア・クリスマスの系譜に連なる映画です。
というかスクラップスがかなりまんまアレなんで、私は大喜びしました。

しかし、洋の東西を問わず蝶々が…ってのはなんなんでしょうね。その手の使われ方をする度に不思議に思います。

◆◇◆◇◆

映画ついでに気がついたらもう来月に迫っていたハリポタ先行のチケを買っておきました。

世にも情けないわんこ、出てるかなぁ?

◆◇◆◇◆

映画の後は地元でKたさんと闇取引。
つまり、図書館で借りた本のこっそり交換会。

本当はいけないとわかっているんですが、読みたい本に対して予約も貸出も有限なので、まあその…ね。


しかし、今日のKたさんは控え目に言っても大袈裟に言っても、疲れて壊れていました。

ダメかもと思いつつも高い金を払って応援に行き、やっぱり負けて疲れて帰ってくる。

試練ですな…

昔は私も応援するチームが負けまくっていたんですが、最近、イライラするとわかっても行くのは日本代表くらいじゃないかと。
いつの間にか応援チームが強くなったことを喜ぶべきか、代表にがっくりするのは贅沢だと自分を戒めるべきか。

難しい問題です。

つーか、ヤケサラダ食いとかならつきあうからね!

◆◇◆◇◆

新規読書

ガイナックス・インタビューズ(堀田純司)
Talio(結城一樂)

下のは某ゆうきりん、の別名です。でも作品は残虐描写デフォルトなダークヒーロー物。誰だったか私の知人にゆうきりんが好きな人がいたような気がするんですが、気をつけて…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.24

10/22-23_日本シリーズ第2戦

ほぼ日刊高浜を復活させて、10日あまりたちました。

少しずつ知り合いが気がついてきたので、生存報告らしくなってきたというか。

mixiはずーっとほぼ日状態なんですけど…あの微妙に粘着質なシステムがやっぱりネックなのかも。

◆◇◆◇◆

さてさて。
土曜日から高浜は風邪でダウンしてました。

頭痛がひどいとせっかく家にいても本かあまり読めないのが難点です。
睡眠のあいまにラノベとか漫画とかを細切れに読んでみたり。

今週は義妹ちゃんが里帰りしているので甥っ子の襲撃もなくのんびり。
夕飯の広島産焼き松茸&松茸ごはんが秋の香りでした。しあわせ。

本当は、土瓶蒸しのが好きなんですけどね〜。

◆◇◆◇◆

日曜はやっぱり午前中の予定を投げ出して療養。
本調子には戻りませんでしたが、午後から外出。
なぜなら日本シリーズだから!

そんなわけで行ってきました日本シリーズ。
俊介かわい〜。すてき〜。

えー。
高浜さんはロッテファンでも野球ファンでもないのですが、渡辺俊介のピッチングは大好きです。テレビで毎日のようにMLBのプレーを見られる今(しかも我が家の場合は本当に毎日のように見ている)、一目テレビで見て生で見に行きたくなったのは今の日本では渡辺俊介と変な意味での新庄だけ
…というくらい好き。

とまあ、こんなことを考えている不埒者が阪神側応援席にいたからでしょうか。

隣席の阪神ファンK木がかなりやさぐれるほどの試合になってしまいました。
いちおうメガホンはちゃんと叩いてたし、一度だけですが、見知らぬ夫婦の背中に刺繍されていた歌詞を見ながら六甲おろしまで歌ったのになあ…。
中途半端な気合では勝利の神も助けてはくれないようです。


千葉県民としては、日本シリーズで阪神に勝ったチームは消滅するジンクス(例えばダイエー)の餌食にならないような結末を迎えてくれるよう願っているんですけどね。

ていうか、O監督…バレンタインと比べるとかなりいまいちな指揮官ぶりに見えたんですが…
大丈夫なのかなあ?

◆◇◆◇◆

新規読書

ニャンコ、戦争へ(菊地秀行&平松尚樹)
誤読日記(斎藤美奈子)
日米野球裏面史(佐山和夫)
皇国の守護者 1(佐藤大輔)
WORLD JOURNEY (高橋歩)
もやしもん 2(石川雅之)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.23

10/21_秋の気配

うっかり薬を飲み忘れた今日に限って花粉がひどく、午後には鼻が大変なことに。

ついでに風邪もひいてきたので、見るからに大変わかりやすい病人だった高浜さん。
でもお客様が心配してくださったのは、病状ではなく『会議中にすごい勢いで消費されていく私のポケットティッシュがもつかどうか』だったようです。

ティッシュ>私、ですか…。


紙切れ一枚より価値がない女、それが高浜。

◆◇◆◇◆

帰宅後、実は上半期ずーっと見続けていたエウレカセブンの26話をみました。

例によってx1.5で見てさっくり消し…た後でなんだか出来が大変よかったから標準スピードで見てからでよかったな…と、ぼんやり。
なんというか、実に見事な第一部完。

そういやタイトルの『モーニング・グローリー』を巡回先のブログのコメントで誰かが『タイトルの朝顔に相応しい』とか書いていましたが…なるほど日本のコンテンツがどんどん直接的になるはずだなとかしんみり。
閑話休題。
とにかくこの回はすっきりした回で、演出はエンディングの秘密基地までもがステキでした。

よく知らないのですが、4クール構成だとすると、1クール目は主人公が自分のことしか見えてない痛い子供、2クール目がちゃんと世間をみようとしている子供への成長。
だとすると、3クール目は父親とか姉絡みの家族の確執かなあ。

まあ下半期ものんびり追い掛けますか。
例によって一ヶ月くらい溜めてのまとめ見、でしょうが。

◆◇◆◇◆

新規読書

インベーダー・ストリート(菊地秀行)
飾られた記号(佐竹彬)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.10.22

10/20_対比の妙

木曜日。
高浜が見たうちで、あなたがよりいたたまれなさを感じるのはどちらですか?

1.電車の中で『幸せになれる』系の本を付箋&マーカーつきで熟読する、今年物ファッションに身をつつんではいるが垢抜けない女性
2.電車の中で『ちょい悪オヤジになる』系の雑誌をあちこち切り抜いては手帳にはさみこむ、頭髪に不自由でお腹にゆとりのある油ギッシュな男性


ちなみに高浜は、自分自身が電車の中に何冊も本を詰めたサブバッグを持ち込む、通勤電車のはた迷惑なやつだろうので、こんな人を見ると自分の痛いところをみているようで大変切なくなります。

月曜とか週末に読んだ本と帰りの電車で読む本をまとめて持って行くので、10冊とか持っていることありますからね…ランチバッグサイズとはいえ角があたれば立派な凶器です。
ごめんなさい…。

◆◇◆◇◆

昨日、地震があった。

ということを知ったのは、会社でぼんやりニュースサイトめぐりをしているときだった。

高浜が『昨日、地震があったんだって、いまニュース見るまで知らなかったー』と言ったら、新人のI田くんが『マジっすか高浜さん。俺も夜のニュースまで気がついてなかったけど、めちゃくちゃ鈍いですよね』と返してきた。
そうかも…と思いながら地震の発生時間をみていたら気がつきました。
『でもさー、この時間は私、電車に乗ってたからスゴイ鈍いってわけじゃないと思うよ。まわりも誰も反応してなかったし』
そう反論したところ、突如としてI田くんが『ああっ!!』と叫びました。

あまりの大声にトレーナーのSさんが『おいおい、お前どうしたよ』と聞くと、I田さんはこう答えたのです。


昨日歩いてたら立ちくらみがして、『俺ももう年かな』って考えてたんですけどー、
もしかしなくてもあれって地震だったんですよ!


…へええ。
で、誰が鈍いかもう一度言ってくれるかな。
ね、I田さん?


高浜さんがにっこりと、そう返すそばで、Sさんは『おらお前、リーダーが聞いてるんだから答えろよ』とにやにや笑っていたとかいないとか。

おそろしい職場ですね。

◆◇◆◇◆

新規読書

少女には向かない職業(桜庭一樹)

パターン化してきたように読めるのは気のせいですかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.21

10/19_男脳女脳

男脳女脳診断テスト
http://www.chaoo.net/sindan/

mixiの友達で微妙に流行っているので、やってみました。

あなたのポイントは -20ポイントです。 (男脳度数:60%/女脳度数:40%)

中性的男性脳
あなたは、標準的な男性脳の持ち主ですが、同時に女性的な面も、いくらか持ち合わせています。どちらかというと何かに挑戦するのが好きで、空間能力や論理的な考え方を使う分野で力を発揮できます。比較的に人との対話を重視し、仕事面ではチームの取りまとめをすることに適しています、努力次第で、女性的な考え方や感情なども得られます。


そうですか・・・女性的な面もいくらか、で、考え方や感情は努力次第ですか・・・
これが女の回答だと思うと、痛々しい限りですね、高浜さん。

◆◇◆◇◆

上半期の実績面談をしたらなんだか疲れ果ててしまいました。

こんな風に疲れた日にはマンガ喫茶でマッサージチェアに限るよね、と地元のマンガ喫茶でのんびり。


というか、私が会社に自己の存在を肯定してもらわなくて構わない人間だということに、早く気がついてくれないかな。
うちの会社。

◆◇◆◇◆

新規読書

マンガ喫茶分を携帯から入れるのが大変なので、そのうちmixiからコピペ予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.19

10/18_散歩

火曜日。
仕事のあとに暇ができたので、一時間ばかりバス通りに沿って都心を背に散歩をしてみました。

ネットや雑誌で見たことのあるお店をみつけたり、ショーウィンドウ越しに犬のトリミングを眺めたり、インテリアショップを眺めたり。
まだまだ散歩をしていてもよかったのですが、一時間散歩したところで21時になりお店が次々と閉店してきたため散歩終了。

暗がりの中を歩く・・・のも楽しいんですが、あまり褒められた行動ではないことくらい理解していますので。

まあ、たまにはこんな日も良いものです。

◆◇◆◇◆

どうも風邪を引いたらしく、体調が微妙なかんじ。
というか、うちの職場全体で風邪が流行っています。

サブリーダーが風邪を引いて倒れているので、休めやしません。
必殺・風邪薬&栄養剤ドーピングをしてみたのですが、効くかなあ・・・。

◆◇◆◇◆

新規読書

セリエAに挑んだ男たち(パオロ・ロッシ)
Diary(野口江里子)

『Diary』。「容疑者室井信次」の中で使われている小道具。これ、ネットの一部「踊る」ファンにおける評判は恐ろしく低いどころか抗議までしている人がいるらしい…ので、逆に興味をそそられて読んでみました。出版する意味が商魂以外では理解できない程度にはつまらなく思えてしまうような作品でしたが、抗議するほどのものでもない、というのが正直な感想。「こんな過去があるなら1話の冷徹ともいえる室井はありえない」って…むしろその、人間は単純な生き物だ感覚がありえない気が…。いやまあでも、私も長期連載作品とか読んでいると「うわ・・・作者展開に困って後付設定したけど、矛盾してない?」と思ってしまうことはあるので、元となる気持ちはわかりますけどね。抗議するのは理解できませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.18

10/17_ビールは注ぎ方も大切です

月曜は新橋勤務の知人と、新橋の某ビール屋。

知人には仕事を中抜けしてきたというのに、ビール三杯つきあわせてしまいました。反省。
いやその…私は別に勧めなかったですよ。
上司はなにも叱らない野放しだからと笑顔の知人を止めもしませんでしたが。


今日行ったのは、ビールの注ぎ方名人と評判の方がいるお店だったのですが、確かに泡は信じられないほどクリーミー。
上に爪楊枝とか立てたら本気で立ちそうです。

そんなすごいテクニックのお店なのに国産生がアサヒなのを見て
「俺さあ、母親の遺言でスーパードライだけは飲むなって言われてるんだよね」
「奇遇ですね。私も私の遺言で同じことを言われたんですよ」
と、しらじらしい会話を交わす二人。

しかし、さすがは名人。
二人ともアサヒにそんな良い印象はなかったはずなのに、少なくともアサヒ黒生はかつて飲んだ味とは別物のようでした。
あれならまた行ってもいいなあ。

興味のある友達は声をかけてください。

◆◇◆◇◆

プロ野球プレーオフは王監督にとって今年も厳しい結果になりましたね。

マリスタの日本シリーズチケットを実は持っていた高浜さんは、かなり激しくロッテを応援していたのですが、さすがに逆転されたときの王監督の顔をみたら喜びきれません。

アメリカみたいにリーグが地区毎にわかれているわけでもないのに、二年連続あれではあんまりですよね…。

そんでもってバレンタインはよくコバマサ使ったなと感心。命拾いおめでとう、コバマサ!

◆◇◆◇◆

新規読書

ファンタジーブックガイド(ファンタGメン'05)
震度0(横山秀夫)

『震度0』。あー…そのー…横山秀夫としては低めなクオリティじゃないかと。あえてコメントすると、ときどき「阪神大震災をこんな使い方するなら、使う意味があったのか」という感想を目にしていましたが、それはさすがに気持ちが冷静な判断を曇らせているのではないかと。ただし、今回はそう思わせてしまう程には上手く、意図した効果を気付かせないほど微妙だなあとも思っているんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.17

10/16_机の進化

日曜は試験で某大学の工学部系校舎に。

無駄にぴっかぴかな校舎に動揺したり、三人掛けの机に一人に一つLANケーブルのポートと電源があるのに感心したり。
ていうか高浜さん試験は?

試験は…試験中に誰かの着うたでレミオロメンの南風が流れた記憶しかないです。
そのあとずっと、脳内で『きみをもっと、あーいをもっと』とか流れてエライ迷惑でしたよ、まったく。

◆◇◆◇◆

試験中に震度4の地震があったのですが、ふと思ったのが『これ、東北とかの大地震だったら、あっちの試験会場はどうなってるのかな』ということ。
だってうちの試験官は怯えた目を見交わすだけだったし、「試験中に机の下にもぐる=カンニング」な世の中なだけに、大地震だったら…

もっとも私が受けたのは論文だったので、カンニングもなにもないんですけどね。

まあ、どこもたいしたことがなくてよかったです。

◆◇◆◇◆

新規読書

失踪日記(吾妻ひでお)
導きの星 1(小川一水)
何でも屋ナンデモアリ 1(菅野彰)
モーティヴ 1〜2(一色登希彦)

『モーティヴ』。土曜に二人から勧められたので本日購入。確かに面白い!そして細野不二彦BLOWUPに感じが似ているも納得。漫画読みな人にはわりとオススメ。個人的には2巻の内容は2冊かけてもいいものだと思います。駆け足気味で書き切っていない感があるような…。それでも充分に面白いですけれどもね。
会社の東本昌平とかバイク漫画とか好きな人にオススメを聞いたときにこの名前を聞かなかったので、機会があったら知っているか聞いてみようかな。
なにせ東本昌平推薦だし。20051016163048.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15_人形の街(BlogPet)

高浜で、電車みたいなblogしなかった?
秋葉原でblogしたいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「しろ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.16

10/15_人形の街

土曜は昔からの友達三人で秋葉原!

が、行く前に乗った電車内でイヤな感じのバカップルを発見。
なんと、一人分の席に彼氏が彼女を膝の上に乗せて座ってます。
隣のおばあさんも大変に困っているし、どう考えたって社会の迷惑です。二人の世界を安心して築ける無人島に島流しにしてやりたいほどです。

とまあ、殺意に近い感情を抱きながら彼等を見ていたところ、次の駅で

彼らは乗ってきたお婆ちゃんに、ものすごい爽やかな笑顔の『おばあちゃん、どうぞ!』と共に席を…


その瞬間、あたりを声にならないどよめきが支配したのを確かに感じました。


ううう…
日本はどーなってるんでしょうか。
理解できない私がもう年だってことですか?

本当にわかりません…

◆◇◆◇◆

この日の目的はブライスという人形とその洋服を買うこととメイド喫茶だったのですが、メイド喫茶は混んでいるらしく断念。

人形めぐりではプロジェクトメンバーのフィギュア好き男性に、『土曜は女ともだち三人でブライス見に行くんですよー』と言ったら熱烈に勧めてきたボークス(スーパードルフィーというキラキラした高い人形を売っている)も見てきました。

すんげ〜。
製造元が天使の里ですか…。

お店には『おむかえ』セレモニーの予定とか書いてありましたが、内心思わず『死んじゃう!おむかえじゃ買い主死んじゃうよ!!』とツッコミ入れてみたり。
まさか、天使がリアル世界からのおわか…

(一部に不適切な表現があったことをお詫びします)

しかし、実際にお店に行ってみると、ブライスなりポケットフェアリーなり人形にハマる気持ちがわからないでもないですね。
人形の服とか小物がたくさんあるのを見ると、ついつい『かわいいねー』とか口走っちゃうし。

そうそう。
一緒に行った二人は二人とも既婚者なのですが、おもしろいなと思ったのが『(買うときは)自分に(目の色なり髪の色なり)似たところがある人形をえらんじゃう』という言葉。

サラリーマンが食玩のガンダムフィギュアを目を輝かせて買うように、女性の中の少女が何歳になっても目を輝かせて人形遊びしちゃうのかも。

それにしても、普通に楽しかったです。
まずいよなあ…こんなに楽しい気分になっちゃったら。

◆◇◆◇◆

新規読書

ときめきイチゴ時代(花井愛子)
きょうの猫村さん 1(ほしよりこ)

とりあえず私の友人は『猫村さん』を買わないように。絶対に勧めません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/14_帰社した〜い!

土曜の22時過ぎからずーっとモブログを試みていたんですが、ちっとも更新できません。

で、思い出しました。
たまの週末に更新しようとしては更新不能になり、次第にやる気を失っていった過去の私を。
やだやだ。

そんなわけなので、今日からタイトルに日付を入れることにしました。

いつのことを書いているかはそこで確認してください。

◆◇◆◇◆

金曜から職場のYさんは北海道。

なぜなら北海道に本物の本社がある会社の『東京本社』採用の彼は、半期に一度帰社日で本物の本社、つまりは北海道に行かないといけないから。
業務多忙なら帰らなくてもよいそうですが、東京採用のほとんどの人が嬉々として帰社するそうです。

往復の飛行機代と一泊分のホテル代支給なら俺も喜んで帰る…というか転職したいと口々に騒ぎ出すプロジェクトメンバーたち。

確かに。
私も転職したいかも!

なにせ冬には東京採用でも、『暖房手当』が支給されるそうだしね。
いいなあ…Yさん。

◆◇◆◇◆

そんな金曜日の昼休み、眼科に行ったところ、念願のコンタクトOKをもらえました。

実は高浜、先週末に目の中を傷つけたらしく、ここしばらく自宅用の牛乳ビン底メガネで会社に行っていたんですよね。
おかげで皆に笑われる笑われる。

そんな生活とも、やっとお別れです。
よかった!

土曜日に中学時代の友達と会って某所に行く約束をしていたので、ひとあんしんですよ。
あそこにゴッツイメガネは、さすがになあ…。

そういえば目の傷の治療にと渡された目薬は、ヒアルロン酸でした。
角膜をプリプリにしちゃうくらいだから、そりゃ肌もプリプリしますよね…。

◆◇◆◇◆

新規読書

アマゾン・ドット・コムの光と影(横田増生)
精霊探偵(梶尾真治)
愛だからいいのよ(内田春菊)
裏庭で影がまどろむ昼下がり(縞田理理)

ここも今日からmixiと差別化〜。

『アマゾン』。配送システムには感心。しかし、ノルマに追われつつ膨大な本からピッキングしても850円という時給を聞くと、ちょっと心苦しいような。
そして『総売上の中のエロ系(あるいは人前で買うのに躊躇いを感じる)本比率が10%くらいだから、ネットではエロ系をよく買うのはあくまで俗説』なんて書いてありますが、それって充分に多いのでは?
さらに、年をとってから人前で買うのが恥ずかしい本に漫画やラノベなんかを入れていないのは…。アマゾンのメイン顧客が未成年ではないだろうことを考慮に入れると、漫画やラノベは基本的に恥ずかしいものですよねえ。違うかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.14

少女漫画風調理台

うちの母は、最近料理教室に通い始めました。
とはいっても今でも充分に美味しい料理が作れるため、通うのもかなり変わった教室です。どれくらいかと言うと、現役の男性コックさんが生徒にいるくらい。

さてさて。
そんな母が本日、大変楽しげに教えてくれた料理教室の実態は…

開始15分前に教室に行ったら、貫禄のあるオバサマに『次からはあなた、もっと早くきてくださいね。新人は準備があるから』と出迎えられ。

実習が始まれば時を同じくして入った新メンバー三人に、誰も入るべき調理台の場所も道具の場所も教えようとせず。

調理が終わると床の雑巾掛けを命じられるが、終わったあとこれみよがしに男性の生徒がデッキブラシで掃除後をこすり、正しい掃除の仕方指導開始。

という、何年前の少女漫画かというものでした。

そのうち母は、
『!!
 包丁の柄に画鋲が!』
とか、顔に縦線入れて震えおののくのでしょうな。
プリマの道は厳しいね。


…まさしく、小人閑居(以下略)かと。やだなあ、もう。

◆◇◆◇◆

夜。
サッカー関係の知人にmixiを見られてもよいよう、プロフィールを微妙に改変。
ついでに日本酒系コミュを覗いてみたり。

秋になると

秋の味覚を食べたい!

和食食べたい

やっぱ日本酒でしょう

回路が働くのか、えらい日本酒が飲みたくなります。

そんなダメ人間高浜さんと『市川の某Tで秋の味覚を堪能しようツアー』、近日というか今月中に開催予定。
28日とかどでしょ?<こころあたりのみんな

◆◇◆◇◆

新規読書

査察機長(内田幹樹)
銀盤カレイドスコープ 5(海原零)

『査察機長』。またまた航空業界おもしろエッセイかと思ったら小説。そういえばサントリーミステリ大賞出身者でしたっけ。相変わらず小説は特異業界出身者のありがち作の域を出てはいませんが、逆に言えば作家としての最低水準には充分に届いているってことなんでしょうね。

『銀盤』普通に銀盤クオリティ。やはり下半期はここぞとばかりに出版攻勢をかけるようです。そりゃまあ…どんな出版社でも、そうするか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放置中

すみません。
mixiはなんとか携帯メールで更新していますが、それ以外は放置プレイ状態。

えーと。mixiをごくごく一部だけ改変して、明日からちょびちょび更新します。
もちろん携帯メールで。

過去の日記については、気が向いたらいつか。
読書記録は・・・年末くらいには、載せられるといいなぁ。

更新・・・できなかったら生ぬるい目で見てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »