2004.07.09

日本酒まみれv

日本名門酒会が主催する会員制の「岡永倶楽部」にて、父親の定年退職祝。

父、母、高浜と三人で出向いたわけですが、本当にステキなお店でした。
お酒が好きで、騒ぎながら・・・ではなく、じっくり飲みたい、日本酒が好きな人なら誰でも気に入ると思うような素敵な店です。

お酒も品揃えが良いわりに安いし、おかずも美味しいし、お店の雰囲気きも良いし、最高に幸せ。
さらに高浜、『ここの会員になれたら嬉しいよねぇ』としみじみ話していたところ、にゃんと一発で会員になる許可をいただいてしまいました!

父親は仕事上、色々な方を連れて行くことがあるそうですが、一発合格したのは初めてなんだとか。
(会員制なので、『会員が一緒に飲みに来て、会員にふさわしい飲み方をするか』とか、いろいろと飲む様子をチェックされるらしい)

政治家と一緒で、父親の地盤を受け継ぐっていうか・・・そんなかんじ?と思ったのですが、理由がなんであれものすごく幸せです。
だって、『たからくじにあたるといいよね』と同じレベルで話題にしていただけなのに、会員になれちゃったんですから。
お酒を楽しむのに、とてもステキなお店なんですよ。

うふふふふ、K木をはじめとするお酒好きなみんな!
一度に2~3人くらいしか無理な空気のお店なので、全員一緒には無理だけど、一緒に飲みに行こうね!

(ところで、入会の申し込みは店内のみ受付ってことは、また父親と飲みに来ておごらないといけないのかしら?)

◇◆◇◆◇

というわけで、今日はさっさと帰ってきてしまったので、ヒマです。
これから本でも読もうかなぁ・・・。

==========
本日の新規読書

「ザ・ベストミステリーズ2003」日本推理作家協会編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.18

匠味うま!

本日も『某社の抗議でgoogleから削除された悪徳商法マニアックスを応援するキャンペーン(別名:株式会社ウェディングってなに?)』展開中。
リンクはるだけキャンペーンですが、こんなにgoogleのクロール(googleのロボットがページを収集しにくること)を待ちわびたのは久しぶりかも。

なにせ最近googleに対するイメージといえば、変な検索でうちのページに来てしまう人に対して抱く申し訳ないイメージしかなかったものですから。
(例:『中古』『バッティングマシーン』で検索してやってきた人。純粋に子供の練習のためにネットを捜していたとしたら大変申し訳ありません)

ちなみにこのキャンペーン。本日まで。

◆◇◆◇◆

本日はグルメな日。
まずはジャンクグルメということで、13時50分に悪友K木とモスバーガーで待ち合わせして匠味を賞味。

なるほど。
確かにファミレスのハンバーグ定食クラスの値段だけのことはあります。
にがり塩と粒黒コショウが醤油といいかんじ。

ですがなんというか・・・でかいです。
匠味チーズを食べたK木は『最後はくどいかも』とぼそりとつぶやいていました。そんな大きさ。
そんなわけで、高浜はチーズよりただの匠味の方がオススメ。

しかし13時57分くらいからあっというまにモスバーガーのカウンターに行列ができたのは、かなり面白かったです。

ついでに書くと、『匠味を買うときに「たたたたた、たくみください」とどもるN倉さん』や『面白半分にK脇さんに買って帰るM垣さん』の話もしたのですが、それはそれ。

◆◇◆◇◆

家を買おうかと考えているK木につきあって、分譲マンション見学とか色々した後、夜はよく食べに行く小料理屋でふぐコース。ちなみに昼間大量の女子高生を見て『なんだろう』『なにか試験でもあったのかな・・・・センター試験だ!』と言った二人は、ちょっと世の中から浮いているのかもしれません。

一人前8千円のコースを二人でうめき声をあげながら完食。

ちなみにつきだしのアンキモが一番おいしかったかも(なんつーわがままな!)
うにと湯葉の茶碗蒸しもなかなか。

もちろんふぐはふぐで美味しいのですが、最初から『ふぐの美味しさ』は予想がついているのでそれ以外のものがついつい印象に残ってしまうんですよね。

ふふふふふ・・・これで明日は誰もさわりもしない肌がすべすべよ!!!


うわ。むなしい。

◆◇◆◇◆

今日ははふぐを食べながらK木と彼氏談義もしました。

K木は『私が結婚するときは高浜に友人代表挨拶頼むから、ついでにうちの会社の同僚捕まえなよ!独身男性いっぱい呼ぶよ!』と優しい言葉をかけてくれたのですが、そう言っている本人が今現在フリーな以上、私の結婚はまだまだ先でよいということでしょうか?
それとも自分より先には嫁がせないという陰謀でしょうか?

どうですか、K木さん?


ちなみに高浜が人生がけっぷちになった場合の最終計画は決まってます。
中近東(高浜が自分は美人だと錯覚できるエリア。なぜか怖いくらいにもてまくるが、愛の告白が英語だけでなく、現地語でもされるところが大問題)に行って、今にも死にそうなオイルダラーの第四夫人になるというものです。
(そして当然遺産で楽しく暮らす)

そろそろ、その計画を実行に移すべきかもしれません。

◆◇◆◇◆

夜、友達に電話をしたら、いつのまにやら彼氏を作ってました。
高校時代の仲間で、現在ステディがいないのは私だけという現実にがっくり。

ついにUAEあたりのビザを準備するときが来たのかしら・・・。

=============================================
本日の新規読書
「WILD LIFE 5」藤崎聖人

| | Comments (0) | TrackBack (2)